キルトを作る人の絵本 最終話

昨日まで良いお天気だったのに、 今日は肌寒い一日です 昨日はコメントたくさんありがとうございました さて 長々と続いた この本も 今日が最終話です 「 ありがとう 」 と 王様は答えた 「 しかし、 あなたがもし、私からのプレゼントを 快く受け入れたらね  私は何年も、あなたのために唯一 取っておいたものがあるんだ。 最後の宝物を運んでこよう 」 そう言うと、 ガタガタの荷馬車から 王様の椅子を運び込んできました 「 このキルトは本当に心地よいぞ 」 と、王様は言いました 「 私はこの日のために、長い時間縫っていたのよ 」 王様は それからというもの 時々、山の上の雲の中に住んでいる キルトを作る人のところに行きました キルトを作る人は、その後も美しいキルトを縫い続けましたが 決して売ることはしませんでした そして王様は そのキルトを持って 夜の街へと下りていきました 貧しく、落胆している人を見つけ出して キルトを渡すときほど幸福な人はいないと思う 王様でした おしまい 長い間お付き合いありがとうございました 誰かに何かをプレゼントする 誰かのことを思いながら物を作る それを渡す時、受け取るとき 幸せだって感じる …

続きを読む

はりねずみ記念日

ブログ記念日 今日は11年目の記念日です 振り返ってみたら、人生後半 充実してました 10年後の自分は 10年前の自分が思っていた以上に 人とのつながりで幸せを感じています ブログをしなかったら出会えなかった人たち 毎日、たくさんの方が見て下さって その中の一部の人がコメントくださり、 励まされて 一部の人とご縁ができて、お付き合いできている 私との小さな接点をつなげてくださってる その人にとって 私が必要なのと同じように 私にとっても、その人は必要 そう思いながら 続けてきた 11年です そういうのを 仏教の言葉で 「共生(ともいき)」というのだそうです はりねずみさん はりぃさん はりさん ハリーちゃん はりーしゃん どんな呼ばれ方をしても  そう呼ばれたから 「 よ~し作るぞ 」 と 思ってきた そう呼ばれたから、 その名前を捨てたくない だからこれからまた一年  はりねずみさんは作るぞ~ ! (笑) これからも、 どうぞよろしくお願いいたします

続きを読む

コインパース量産

巾着の次のミシン仕事は コインパース 21個分のコインパースの布地 今回は かわいい布地は薄いので、 裏に接着芯 を 張ってみた これで、角から チュールのイガイガも 出なくなるかも とにかく ベルニナ様が来てくれてよかった ! 中の仕切りまで ミシンで縫えるなんて 今まで 考えられんかった そのうえ、 ファスナーの上を どんどこ走ってくれる 押さえが強いってすごい ! ただ、何度も やり直さなくてはいけないのは 返し口のところ 三回縫っても、チュールがうまく縫えてない そこは手でしつけか・・・ しかし ベルニナ様のおかげで コインパースは少しずつ 出来上がりつつあります どのコインパースも上出来ではないけど めちゃかわいい ファスナーとのコンビネーション グ~だな と、 自画自賛 の今日この頃です コインパース量産 まだまだ続きます

続きを読む

とりあえず巾着65枚

いろんなことを ぼちぼちと進行形 ミシンの作業を二つ抱えてる ハンドの針仕事も二つ抱えてる ミシンの一つは巾着袋 布地の端きれ活用で作り始めたこと ミシンのもう一つは コインパース お友達の郁ちゃんが ご自分のチュールをわざわざカットして送ってくれた 現在ミシンは お家の二階に置きっぱなしにしている そこでの ちょこちょこ作業 そこで縫ったものを持ってきては 仕事場でちょこちょこ作業 この日は最後のヒモ通し これで 成り立っている 仕事場にミシンだと、 一気にやってしまわないといけなくなるので このやりかたがいい 時間はかかるけど、 飽きずにできる 今回 袋は8個分出来上がり 出来上がった巾着は65枚 どうするかなんて 考えてない 作ったはしから あげちゃったほうが いいのだろうけど すでに100枚以上の巾着は作ってはいるけど 100枚ずら~~~っと 並べたところを見てみたい ただそれだけ 楽しみで作ってる 今は 押し付けたい気持ち ぐっとこらえて ただ、縫いためている (笑) 次のミシン作業はコインパース

続きを読む

何からかいていいのやら 

連休も終わり ニュースは コロナウィルスのことだらけ マスクがない ! 鼻炎の季節にもなって ほんと、どうなっちゃうんだろう ? 花粉の飛ぶ中 日曜日は一日中 庭の掃除 体を一日中 これでもか~ と 言うほど酷使 一時期前は 体が悲鳴を あげていたけど、 ヨガのおかげか ? 筋肉痛も ない しかし、体はよくとも 指が痛い ! それでなくても、この最近 痛いな~と思っているのに、 年々 体の不都合が変わってくる (笑) ギンちゃんも この日は一日中 お外で走り回る 「 ねことじいちゃん 」を 見ていたら やっぱり、ネコは お外が似合う 室内飼いを 言われてる 昨今だけど、 人も お外は気持ちいい ネコだって そうなのだろうと思う お外の砂で ごろごろして  白いところは 茶色になってる そのうちに、もっと茶色になって オスの三毛猫に なっとくれ~ (笑) お庭仕事したり お家仕事したり 針を持つ時間は 全くない休日 しかし、 巾着、コインパース、House、アンティーク と 針仕事は ちょっとづつ 進んでいる 何から書いていいか わかんなくて、 今週も ぼちぼちUPして 行きます

続きを読む

キルトを作る人の絵本 19話

今日は にゃんにゃんにゃん!とにゃんこの日 日に日にお外大好きな 猫にゃんです 噛まなかったら、これほどいい子はいないと思う  そこだけ なんとか! お願いします~(笑) さて 来週が最終回の このお話しです キルトを作る人は 長い時間探して ついに、王様を見つけました 彼の上等な上着は 今ではボロボロになり ブーツからは 足の指が出ていました が 彼の眼は きらきら輝き 素晴らしく 大きく 楽しそうな 笑い声でした キルトを作る人は 王様のために作ったキルトを バックから取り出し広げました そのキルトは ハミングバードが羽ばたきをしていたり、 ちょうちょがひらひらと飛んでいる とても 美しいキルトでした 彼女は つま先で歩いて キルトを 王様の周りに そっとやさしく 包み込みました 「 なんだ ? これは ? 」 と 王様は叫びました 「 私はずいぶん前に あなたと約束したわ 」 と、彼女は 言いました 「 何も持たない王様に やっと、私から  キルトを プレゼントできる日が来たわ 」 王様は 大きな声で 陽気に笑いながら 「 しかし、私は 貧しくないぞ 」と 言うと 「 私は見た目には 貧しく見えるかも しれないけれど 私のハートは 本当の喜びで はち切れそ…

続きを読む

住宅街の道路工事

次に手掛けているのは Houseです 家を二軒建った時点で なんか変じゃない ? 計ってみたら、違うじゃん ! 家と、家の間隔のサイズが違う ! そこで、中を切って サイズ合わせ やるんだよね~ 時々 私ってバカなんだー と、 イッテQ の出川さんのように 叫んでしまった (笑) その次は この住宅の階段を作らないといけない まるで、道路工事だ 手すり・・・いりますか ? いりますね~ 介護が必要になると、手すりは必ずいります (笑) 後で、出来上がりの写真見たら 上の階段のところ違う布地じゃないし ! 元の写真見てると、 どうしても、同じ色にしたくなるので、 見てなかったので、仕方ないか・・・ ま、いっか~ 階段作りは四苦八苦 このプリントくれた せいこちゃんはできるのか ? 心配じゃわ あれもこれも 手を付けて大丈夫か ? わたし でもね、順を追ってやっていってる 時間はかかるけど、 ぼちぼちと出来上がる予定 それはまた今度。 本日は Houseはここまで。 チャンチャン

続きを読む

限界超えろ…?

マッキーってこんないい曲作るのにね… しろーっとぽさが バンド組んでた若いときを思い出す (笑) 寒いと上がれない 二階の部屋 ここにミシンが起きっぱなし 巾着100枚はどうなった ? まだまだ半分を過ぎたところ 縫い合わせする状態のまま置きっぱなし 日曜はやっと それを縫って ぼちぼちと作っていこうと思ってる 限界を超えろ…? (笑) 土曜日に、遠くのお友達Kpatchさんが 布地を送ってくれた ドームに行けなかったから お土産~ と、はりねずみのブローチまで一緒に 彼女からいつもかわいい布地が届く だから、巾着ができる アームカバーもできる すでに アームカバーの数も限界を超えている (笑) 友達の朱っちゃんが、小関先生の布地のセットくれた Houseに使って~ って もったいなくてカットできない でも、 使わないともったいない これまた私には限界を超えるだけの ファスナーの在庫がある なので、そのうち、ポーチでもつくれたらいいね そして、去年  コインパースを教えてくれた郁ちゃんが チュールをカットして送ってくれた なので、 かわいいファスナーを買っていた いよいよ 作らないと ! 全部で 21個分もある …

続きを読む

日曜のダ・ワ・ヘ・シ

今までの暖かさは何じゃったんじゃろう 今日は今年、いやこの冬初めて雪が降った 久しぶりに 冬は寒い!ということを思い出した (笑) 昨日の日曜日は 雨なのに、暖かかった 何しよっかな~ と、棚を見て ここを整理しよう 結構な荷物がある まずは出す  次に、分ける そして減す これなんじゃったっけ? 缶を開けて出てきたのは やりかけの・・・作りかけの・・・ まるで見てはいけないものを見つけたように 新しい箱に入れ替えて そのままふたをした (笑) 結局だしたのは本と空き箱 いつもの本 本が多すぎ、かわいい箱は取っておく 私の特徴 (笑) そこはやっぱり、 ミニマリストになれないってこと 今日はここまでにしといて お昼からは ずっと ほったらかしのミシン作業をスタートした それはまた次回

続きを読む

キルトを作る人の絵本 18話

もうちょっとで終わりです 人間はよい人になるのには いつからでもなれる。 明日からやろう・・・ということも、 どうせやるなら、今でしょ。今。 (笑) キルトを作る人は どんどん針仕事を進めました 一つ一つのピースをつなぎ合わせ 王様のキルトはそれはそれは美しく出来上がっていきました ある日、 ついに、飛ぶことに疲れ切ったツバメが 彼女のお家の窓にやってきた後 彼女の縫っているキルトの上に ちょこんと座りました 彼女はこれが最後のメッセージだとわかりました それから、 彼女はキルトに、最後のステッチをした後 王様を探すために山を下り始めたのでした お~~~!いよいよ、王様を探しに行ったのね~ プレゼントを渡す時って ワクワクするよね。 相手の喜ぶ顔が 見えるようで・・・ 昨年末に 編み物が上手なお友達が ハンドウォーマーとネックウォーマーを編んでくれた 違うお友達は あったかいよと はりねずみの柄の分厚いソックスをくれた 朝起きたら必ずこれはく みんなみんな私の王様だ

続きを読む

真面目に生きている

本日☂ 今日は バレンタインday 昨日 マッキーが逮捕されて ショック ! あれだけ 素敵な歌詞や曲を 作れる才能があるのに ・・・ その人にしか わからない悩みは あるんだろうけど、 それにしても、ショックですね。 エリカ様の時より、ショック バレンタインだから ファンの方から chocolateも いっぱいもらうだろうに それだけ 大事にしてもらってるってことが  わかんないのかな ? な~んて・・・お前が言うな ? でも 言えるよね。 だって 私たちは 真面目に生きてるもん。 現在の私は 真面目に 次のお家も建てている 今度は お家を建てるだけじゃなくて 集合住宅のように 複雑 順番はどうよ ? と、 迷路のように お家を建ててます 今から今から。 わけわかんないことが 楽しくなってきた 今日この頃です

続きを読む

キルトを作る人の絵本 17話

昨日はとっても暖かく 梅の花も もうすぐ満開です 木にはたくさんメジロが遊んでいました やっぱり、梅にメジロ・・・違うか?(笑) さて、なかなか更新できずにいた お話し もうすぐ 終わりです 今日のお話しは・・・・スタートです それからの王様は 与え続けました 街には 王様の贈り物を 受け取る人がいなくなったので 王様は 街の外の世界に行こうと 決めました そして 彼の贈り物が必要な人を 見つけようと思いました 王様は以前 王様がいつも 物を手放すたびに ツバメを キルトを作る彼女のもとに 送り返すことを 約束していました 朝、夕、そして夜 王様は 自分の素晴らしい宝物を 荷馬車に高く積み上げ 街の外を 回りました それから ツバメは 何度も何度も キルトを作る人の窓の下に メッセージを届けました 王様は 自分の宝物と 世界中の人の笑顔とを 取引した気分でした そして 空っぽの荷馬車を ゆっくり引くのでした やったね! 王様。 これって、断捨離の時と同じだね。 どんどん、大事なものが 大事じゃなくなってくる ものはなくなっても、 笑顔になって 心が豊かになってくる それって、素敵だね~ そういう人に なりたい。 …

続きを読む

やっと春が来た

土曜日は 甥っ子の結婚式でした 人生の伴侶を見つけることができて 彼にも春がやってきました 日曜日は 地元のイベント コロナウィルスのせいでなくなるかな ? 人の入りもまばらでは ? とも思ったけど、無事に終わりました 去年よりも たくさんの 2.5Kgの珈琲を ひたすら入れました お友達も、元気に、お客さんに対応していました 4人とも、めまいもちになってしまい 助け合いの今年のイベントです。 でも さむかったぁ~ 私はめまいも感じることなく 無事終了 毎年このイベントが終わってやっと ほっとした春が迎えられる キルトフェスティバルではなく このイベント (笑) めまいの解消に 効果あるかないか ? わかんないけど、 脳脊髄液が流れるような ストレッチをしています リンパ液も 流れるように気を付けたら あれ以来 めまいを感じることなく朝起き上れてます。 時々感じていた腕のしびれも今のところ感じていません 治りにくいなら、 いやな友達のように、 なるべく合わないように・・・(笑) 避けて暮らしたい あはは 今日から、ちょっと、 気分的にのんびり 針生活がおくれそうです

続きを読む

ゆっくりゆっくり

裏山の梅が咲き始めた この梅の木の根元にはサルノコシカケ発見! めまい 前庭神経から来るめまいの診断から二週間 耳鼻科の健診に行った あと一か月間薬を飲んで、三か月後に再検査 え~?一か月も?という私に先生は 「 この期間に薬やめて まためまいになった方が 直りにくいですからね。」 という。 しかし、 その日までなんでもなかったのに、 次の日の朝から自分の目の玉が動いているのを感じた それによって、小さなめまいが起きるみたいな感じ なので、朝はゆっくり 行動する ヨガの先生にも、私の状態を説明しているので ヨガにはいっている 「 ダメ~~ と思ったら、ポーズしませーん 」 って(笑) 私は今まで強いめまいに 悩まされたことはないので わからなかった。 何の病気にしても、その立場になってみないと わからないことがある なにも、わからない健康な人は 幸せなのだ。 それだけで幸せなんだ。 だから、私は幸せだったんだね。 その立場にならないとわからないんだね。 昨日より、今日えらくなったかな? 先日 40年来のペンフレンドからの手紙で 私はパーキンソン病だと 手紙をもらった 彼女の手紙は その病気と闘っているんじゃなくて、 共に生きているという感じを受けて なぜか、感動した たくさんのこと…

続きを読む

この頃のギンちゃん

ギンちゃん この最近 自分で ドアノブにぶら下がって 台所の出入り口こじ開けて お出かけします ある日 仕事場に行く途中 にゃんだにゃんだ? ギンじゃないか? あ?下にいるのは野良猫 カトちゃん このカトちゃん、以前まめ捕獲作戦の時捕まったやつ きっと、ギンはこのカトちゃんのDNAを 引き継いでいるんだと思う お家に連れ帰ろうとしたら、 噛みついて引っかかれそうなので放すと 必死で逃げた でも 夜にはちゃ~んと帰ってくる ダーさんは 「 帰ってきてしもうた~~~ 」 というありさま 私も、「 気に入らないなら帰ってこなくてもいいのにね 」 とイジワルいうくらい、悪ニャン あれ? キルトの向こうに耳が見える なにみてるんだ? 窓の外の梅の木の鳥をじーっと見つめてる 小さな声でニャニャニャン・・とか ギギギ・・・とか わけのわからん擬音を発する 鳥の声のまねなのかも 振り向いたら悪役顔 (笑) こういう姿はかわいいんだけど どうにも、こうにも、あんた本当に猫 ? と疑いたくなる 態度の悪さ 寒かったらすぐ帰ってくる 出たらダメじゃん。とか言ったら 噛んで逃げる ストーブの前を通ったら 足に噛みつく 頭が良くて…

続きを読む

Houseのキルトトップ① 出来上がり

先週できてた Houseのキルトトップ 下の布地をつなぎ合わせてくっつけたり わんこをアップリケしたり  刺繍を入れたら なんか、重みが出てくるね 木の葉の枝を刺繍でくっつけたら それらしくなる これで出来上がり 私はこのHouseを、大きな一枚にせずに 違うパターン組み合わせて飾れるようにしたいと思っている けど…うまくいくか? なので、何枚か、Houseのパターンを作ってから考えることにする 早速、次のパターンのHouse作りたいけど 下布地がない この前かったんだけど、なーんか、違う また布地に出会うまでお預けかな・・・って思ってる そんなこと思ってると 小関先生のショップに注文した パターンの本がやってきた アマゾンでも、楽天でも売ってなかったのだ~ 見てるだけでワクワク 見てるだけじゃだめだぞーーー あ~ 久しぶりに縫いたいな~

続きを読む

キルトを作る人の絵本 16話

二月に入りました 本日節分 鬼さんも パンツ一枚でも寒くない!と言ってると思う (笑) 先週から 次々とお友達がやってきてはおしゃべりしていたので 全く更新できず ここの お話しが出遅れちゃいました いっぱいいっぱい、更新予定じゃったのに~~~(うそつけ でへ) では 早速行きましょう~ 王様の周りは ダンスをする人、浮かれ騒ぐ人 彼の宝物をプレゼントすることで すべての人が幸せな気分になっているのを見つめました 子供は 王様の手を握り ダンスの輪の中に 誘いました まさにその時 王様は 本当の笑顔になりました そのうえ、大声で笑い出しましました 「 どうしたというんだ ? 」彼は 叫びました 「 どうやって この幸せな気分になったんだ わしの宝物がなくなったというのに ? そうだ 何もかも運び出そう。 すべてのものを今すぐに!」 その間 キルトを作る人は 約束どうり王様のために 特別なキルトを 作り始めました 王様が それぞれの人のもとに 何かを与えるたびに また一枚ピースを 足すのでした さぁ、欲張り王様返上して どんどん自分の物を惜しみなくプレゼントする 王様になってきましたね 断捨離とかじゃなくて、 自分の持ってるもので誰かに喜んでもらえる 王様いいぞ。…

続きを読む