パッチワーク通信と倶楽部

画像






本日



送り返されてきた このキルト



実は 次号のパッチワーク倶楽部に 掲載予定のため



送っていたものでした



中には 一枚の紙が ・・・・







画像







そうなんだ



パッチワーク通信も



パッチワーク倶楽部も なくなっちゃうんだね






あの日、



次の特集 ( ハギレの整理 ) のことで、 お電話で話した



編集者の方・・・・



今からの生活に 困るだろうな



本当に たくさんの方が 失業という形に なるのかな?







画像





( この前送られてきた モダンキルトが載ってる パッチワーク通信 )



そんなことを 思いながら



キルトウィークは どうなるんじゃろ?



パッチワーク通信のマンスリーは どうなるん?




と、変な 心配をしている私です






画像





パッチワーク通信社さんとの お付き合いは



「パッチワーク教室」 という雑誌



1999年だと思う



キルトウィークに応募して 二次で落ちて






画像






その後、このチューリップのキルトを 本に掲載したい



と、ご連絡いただいた




初めて 作ったキルトが載った 記念の本




こういった 雑誌があるから、 



教室に行かなくても、アイデアももらえるし、



元気ももらえる





画像







そして私には コレットちゃんのご縁で



藤田先生とも お会いするきっかけをくれた 雑誌・・・・





コレットちゃんの出来上がりは ↓


http://hariquilt.at.webry.info/201303/article_2.html





なんか、ちょっと、残念ですが、




時代の流れだから、仕方がないのかな ・・・・






画像






今の時代、本はすべて、インターネットで 読める時代



それが便利なのか? お手頃なのか?



時代遅れの 私には わかんないけど、




やっぱり、お気に入りの本は 持っていたい




ちょっと、心が疲れたとき




そっと 開く本の中には



自分にとっての 元気玉が いっぱい詰まってる




ちょうど、楽しみじゃった 次号の掲載に



やってきた 不運なこと





残念な方もいっぱい いらしゃるだろうね・・・・



それでも、私たちは



手作りを 楽しく続けていきましょうね







画像








パッチワーク通信社 様  




私たち読者に ワクワクした記事 



長い間 ありがとうございました
















この記事へのコメント

とーく
2015年06月11日 17:23
ヘ~~ッ!!
そうなんや~~
購買層が年金暮らしの人が多いのかも・・・
そういえば長いこと買ってないわ。
2015年06月11日 17:41
ヤッホー、はりーさん。
そーなんじゃ~~~。残念じゃ・・・
私も昔々”パッチワーク教室”っていう雑誌を買いよったわ・・・
あれ、毎回パターンごとに詳しく解説してあって、初心者にも分かりやすいように写真も大きく載ってたよね。
この最新のパッチワーク通信も、お母さんの好きな”赤毛のアンの特集”じゃったけんって、娘が母の日に買ってくれたんよね~。
本当に、今まで”ありがとう!!”じゃね。

2015年06月11日 20:46
はりねずみさんの。チューリップの作品が掲載された本。
私、持っていますよ、

私は 今も未熟だけれど
はりねずみさんは その頃から
すごい実力者だったのね
ゆっくりと気の長い作品作るのは もう
世の中には あまり そぐわないのでしょうかね~


2015年06月11日 21:50
時代の変化とは言え、こううい誠実な本が無くなるのザンネンです
本離れが多いし・・良い物がどんどん失われていく気がしますねえ
ひと時代終わったって感じかなあ
2015年06月12日 05:01
時代の流れとはいえなじみの本が無くなる事は寂しい事ですね
特にはりねずみさんのように色々と思い出のある方にとっては複雑な気持ちでしょうね
お察しいたします 
はりねずみ
2015年06月12日 13:11
 とーくさんこんにちは~
確かに!パッチ層の年代が上がってきているのは確かじゃね。
教室でも、若い人が少ないよね。
だけど、年々展示会とかは見に来る人でにぎわってる
私も、昔はパッチの雑誌買ったけど、今はほとんど、買わなかったものね・・・
残念ですね。
はりねずみ
2015年06月12日 13:15
 ベル子ちゃんこんにちは~
そのアン特集が最後になったんじゃね・・・
娘さんにいい思い出をもらったね。
確かに、パッチを始めたころは、雑誌が先生じゃったし、これ作りたい!
と思わせてくれるものがたくさんあったよね。
今は本当に、技術が高くて、見ていて疲れるな~というのが本音じゃった。
だから、始めの頃のキルトジャパンや通信は好きで捨てられんのよね。
どういうのかな・・・見たらやる気になるような・・・
時代はこうやって変わっていくんじゃね・・・というのを今、変化しているときに立ってる自分を感じますね~
はりねずみ
2015年06月12日 13:18
 らぱんさんこんにちは~
きゃ。らぱんさんもこの本持ってるんじゃね?
私も、母にあげたのが、今頃出てきて、懐かしくって、もって帰ったんよ。
この時代の作品って、今と違って、つぎはぎの世界よね。
今はミシンの時代になったな・・・ってパッチワーク通信で感じていたんじゃけど、
パッチの雑誌がその時代の流行も作っていくんじゃね。
しかし、どんな流行でも、私たちはやっぱり、ハンドじゃね?(笑)
はりねずみ
2015年06月12日 13:20
 タフィーさんこんにちは~
時代の流れって、どこにどう流れていくんじゃろうか?
10年前には感がられんかった流れが、今、やってきているのかもね。
アマゾンのググ・・・っと曲がったところ?(笑)
一冊の雑誌の中にも、流行を作る力があるんじゃもん。
すごいことよね。
はりねずみ
2015年06月12日 13:24
 もこさんこんにちは~
私はキルトジャパン誌が創刊されたころから、パッチをしているので、長いのだけが取り柄です(笑)あのころのキルト雑誌は今と違って、ぱらぱら…とめくるものじゃなくって、隅から隅までじーーーっとみる雑誌じゃった。
それは、作る人も、買う人もワクワクするような・・・
そんな時代があったのを懐かしむ一人で~す
2015年06月12日 17:25
そうなんですか?!
廃刊ではなくて倒産?!
そしたらその会社の他の本ももう見られなくなるんですね・・・。
私も色々な手作りの本でお世話になってた出版社だから、何だか寂しいです。
次号の予定も決まっているのに、こういうことって本当に突然なんですね。
私も寂しいですがはりねずみさんは私以上ですよね。
時代の流れとは言えやっぱり残念ですね。
はりねずみ
2015年06月13日 13:49
 みんとさんこんにちは
編集者の方達もとっても感じのいいかたでした。
だから、今からの生活の心配しちゃいます・・・・
今の時代、キルターさんも平均年齢が高くなり、今まで、たくさんの雑誌と、布地を抱えていると思うんよね・・・
新しい雑誌も、ミシン中心だったり、ハンドでも、高度な技術だったり・・・
中年の私たちにはちょっとついていけなかったのかもね・・・
時代の流れとはいえ、キルターにとってちょっとショックなことでしたね。
るん*
2015年06月13日 22:14
そうですか・・・無くなってしまうのは寂しいわ。
最近は作ってみたいものが無いので、
パッチ関連本の購入はひかえていました。
昔の雑誌は良かった、
今でも開くたびに新鮮な気持ちで眺める事が出来ます。
どこでどう違ってきちゃったんでしょ??

ところで、猫座布団のことでお聞きします。
頭とシッポは巻きかがりされてるのでしょうか?
ヨロシクお願いします^^
2015年06月14日 07:38
おはようございます。
パッチワーク通信社、なくなるんですか?
ビックリです。
昨日も本屋さんでいろいろ見てきたところなんですよ。
今、本箱を見たらずいぶん前からのもあって、お世話になったんだなぁと感慨深いです。
雄鶏社といい、パッチワーク通信社といい、手作りの本が出なくなるのは寂しいですね。
これからはこの会社の本を探すのに、ブックオフへ行く機会が多くなりそうです。
2015年06月14日 09:51
こォ云うニュースを見る度に、日本という国の文化が後退してるんじゃないかと思ったりします。
大学へ行くため一生懸命勉強して何を目指しているのか。
その時だけ頭が佳くって、テストが終わったら一切憶えてない。
必死でゲームしているよりも いろんな事に挑戦することで心が豊かになっていくことに気が付いていない。
受験時にたたき込まれたことは 無駄に時間を使わないッて事。
しかし一見ムダだと思われるところに文化が生まれてくるのに。
知識はあっても知恵・工夫のない人を生み出してきたんじゃないか。
経営されてきた方も苦労されていたことでしょう。
縮小してでも文化を生み出しているんだと、ふたたび立ち上がっていただきたいものです。
手縫ねーさん
2015年06月14日 10:37
しくしく、、、、。
お付き合いの短い私でさえ衝撃をうけました。
買って読まなきゃいけなかったのかなー。ファンになりはじめたところでさよならだなんて。

はりねずみさんは、なおさらかもしれないと思って見に来ました。こんなお付き合いがあったのですねー。

ページを開いて美しいものを見て、記事に引き込まれるひととき。しかし、好きなタイミングで本をとじて日常に戻れるところが本の利点なんだけど。これから、私たちの感覚も変わって行くのでしょうか。
はりねずみ
2015年06月15日 11:38
 るん*さんこんにちは~
私も、るんさんと同じく昔と違って、これ作りたい。これいい。という雑誌じゃなくなってきたような気がしていた。
それは、雑誌のせいか?自分のせいか?きっと、自分もあると思うけど・・・(笑)
パッチワークし始めのころは、楽しみだった発売日。
それが、今では、見ても、技術力の高いものや、流行の先端のモダン系統
だから、いまいち、自分の求めているものとはちょっと違ってきた・・・
昔の雑誌は手放せんもんね・・・いまでも。なぜか…(笑)

にゃん座部のご質問ありがと~
あれは牧人字じゃなくって、普通に、かがって取り付けてます
引っ張り気味に取り付けるとうまくいくよ。
あ?頑張って作ってるの?みにいこ・・・(笑)
はりねずみ
2015年06月15日 11:43
 うふふさんこんにちは~
そうなんじゃ?うふふさんもずいぶんお世話になったパッチワーク通信社
私も、この最近の雑誌は頂くだけで、購入してなかったんじゃけど、(そんな奴がいるから…笑)ずいぶん前のパッチワークキルト通信の時の雑誌はやっぱり、よく見て、ボロボロ。今の雑誌はよく見て・・・っていうことがなくなったような気がするんよね・・・結局、時代に追いつけてない自分を感じるだけだったような気がする(笑)
私も、ブックオフに行くの好きなんよ。
そこで、一冊でも、これ欲しかった~という本に出合えたらうれしいよね。
はりねずみ
2015年06月15日 11:50
 おーちゃんさんこんにちは~
そうね。言われていること、一言、一言、うんうんとうなづきながら読みました。
確かに、今の時代いいことか…?わるいことか・・・?わかんなくなってくる時代よね。不便なことは創意工夫をして、自分なりに使いこなそうとする知恵を呼ぶよね。
何でもかんでも、お膳立てしてあるようなものには知識はあるけど、知恵はない・・・
暇さえあれば、携帯みている日本人の姿はどことなくおかいいな~
と、その人たちを見て思う私の方がもっとおかしいのかも?(笑)
時代の流れとはいえ、難しい時代だよね。
勝ち組、負け組はっきり分かれるような世界なのかもね・・・
なんか、おかしい・・・
今からの時代の人たちよ、頑張れ~
はりねずみ
2015年06月15日 11:57
 手縫いねーさんこんにちは~
そうそう、買って読まなきゃ、会社は成り立たないよね。(笑)
今や、スマホで何でもすんじゃう時代
それって、どうよ・・・と思っちゃう。
今の時代、暇さえあればスマホいじってる人たち・・・
それで本読めるの?面白さ半減!って気がするのは歳のせいじゃろうか?(笑)
やはり、お気に入りの物は本棚にある方が、どんなにいか・・・?
それも、古い人間だから?
今からファンになりかけ(笑)の手縫いねーさんじゃったのに、惜しいことをしたね~
でも、パッチは頑張っていこうね~
楽しいことは人生の支え!その気持ちを押してくれるのが本だと思う。
今からも、本大好き!