はりねずみのキルト

アクセスカウンタ

zoom RSS アンティークキルトの完成

<<   作成日時 : 2014/12/16 17:13   >>

ナイス ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 0

画像




アンティークキルトトップ


このキルトは19番目に出来上がった キルトです


このキルトがやってきたのは 去年の6月


Dee`s  antique quilt shop で売り出されたのを


一目見て、好きになったから





画像






私はどうも、こういった、シンプルな四角つなぎに弱い


そのうえ、いろんな色が混ざり合ったような


柄の布地がいっぱい隣り合わせになったような、


キルトトップに弱い






画像






このキルトトップは1880年〜1900年の間くらいに作られたみたい


古い布地だから 端っこは裂けていて、


去年直した → http://hariquilt.at.webry.info/201310/article_10.html


        →http://hariquilt.at.webry.info/201311/article_1.html



すごい修理をしてから、一年たって、やっと  やっと




画像





キルティング終了 その後


バインディング で悩んだ・・・・


赤にしようとは思っていたけど、 


さてさて、赤にもいろいろある


ずいぶん考えた


時間をあけて、やっぱりこれにしよう と 決めた


赤でも明るく元気の出そうな赤に決定





その空いた時間は


きっと、頭の上〜〜〜の方で、


このキルトを作った彼女が



「これにしなよ〜」って言ってくれるのを待っていたからかもしれない







画像






そんな バインディングを決める時間なんて短いものよね。


このキルトはこうやって、使えるようになるまで


100年以上の時間を待っていたんじゃもん


こうやって、つくりあげて いつも感じること


このキルトを作った人が見守っていてくれたおかげで


つくりあげることができたんじゃないのかな?って





画像






キルティングするときに、


一枚、一枚つないである布地を見て、


作り手の意図を感じる


隣り合わせにどんな布地が来ているか・・・・?


その一つ一つに 作り手を感じる


自分がそうであるように、


彼女も同じだと感じる


時代は流れても、


物を作るということ、


小さな布地一枚を大切に思う心、


この布地大好き!って思う気持ち


同じだね。










そんなことを毎回感じながら、出来上がった キルトトップたち


これが、きっと、私がパッチワークをしている 理由なのかもしれないね。


遠い昔の人の作りきれなかったものを受け継いで


残していく


それが、私のお役目なんだろうね





画像






今は寒いから、


もう少し、暖かい 良いお天気に


水をくぐって、お洗濯しよう


きれいさっぱりになるまでもう少し


無理矢理


100年以上待ってくれて、ご苦労様でした


100年前の彼女に感謝です



こんな素敵なキルト作って残してくれて、



ありがとう
























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)
アンティークキルトの完成 はりねずみのキルト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる