私のキルトとアンティークキルト

画像画像





お庭に出て座ったら・・・・もうそこで午前中過ごしてしまいました


ガーデニングの話はまた今度 (笑)







お昼からほんの少しの


キルトを広げました



画像




↑これは私が作ったキルト



画像




↑これは1880年のアンティークキルト



画像




↑これは私が作ったキルト



画像




↑これは1930年前後のキルト




自分の作ったキルトももう時間がたって


だんだんアンティークキルトっぽくなったような気がする。


いつも作るものはアンティークキルトを想い、憧れて作っていたから…


なんか、似てる気がしませんか?


自画自賛?



画像




↑これは1940年頃のアンティークキルト





人はそれぞれ自分の好みの色を持っていて、


となりに来る色で全体が自分の色になる


その日その日でとなりに来る色も変わる


それがとても面白い。




画像




↑これは私が作ったキルト



アンティークキルトはすべてトップの状態で


自分でキルティングをしたもの。


だから、愛着がある


自分で作ったものも、愛着がある


愛着があるから手放せない(笑)


そうやって、


愛着のある一枚、一枚を見ると


さて、創ろうか…


と、元気になる。



画像





アンティークキルトの歴史と


私の歴史の時間が重なる



昨日は


数あるキルトの何枚かをたたみなおしただけ



だけど、



元気をもらっから、今日もがんばってチクチクしよう



キルトは私の元気のもとなんじゃもん

























この記事へのコメント

2012年05月14日 16:27
わ~い♪一番乗り!!

アンティークもはりねずみさん作も区別が付かないくらい素敵!
もしかしたら、キルトってどんなに時間がたっても古くならないのかもしれませんね。

いつも色あわせには悩みます。
悩みぬいた割りに完成した作品は全然納得できない。
それが私の色なんですね~。
はりねずみさんの配色はいともとっても素敵で、
見習いたいんだけど・・・。

私もがんばろ~!!
2012年05月14日 18:00
アンティークキルトとはりぃさんのキルト
どちらもすばらしいです!!
(PCふちょうでカンジヘンカンができません。。。)
すてきなサクヒンみせてもらって
ゲンキもらえました~!^^v
shima
2012年05月14日 18:46
>キルトは私の元気のもとなんじゃもん
はりーさんのキルトへの愛情がたっぷり伝わってきます。
だから作品がとってもあたたかいよ。
こういうキルトがワタシは大好き。
Chocolate
2012年05月14日 18:58
初コメントさせていただきます(どきどき…)

アンティークキルトもはりねずみさんのキルトもどっちも素敵です。
見ててほっとするというか、やさしい雰囲気がいいです

わたしは最近ワンパッチものの大作を作りたい衝動がむくむくと・・・
でも、こんな素敵にはならない自信がとってもある(笑)
普段使いのキルトを作りたいので、自分の好きなように楽しんで作るのが一番なのですけど、いろいろ見ちゃうと迷っちゃいますね。
はりねずみ
2012年05月14日 20:31
 みんとさん一番どうもありがとうね。

色あわせって悩みながら自分が一番楽しんでるようなきがするなぁ。
悩みすぎるとわけわかんなくなるよね?(笑)
お隣さん同志がけんかしないように・・・
そう思いながらあわせていくのは本当はとってもたのしいんよね。
その昔アンティークの時代は悩むより何より布地の種類がないじゃない?
だから、きっと悩むというより、この布地を使いたくて仕方ない・・・
という配色だと思うな。
みんとさんも、楽しんで色あわせしてね。
それでできあがったら、きっと、それでいいんよ。
自分も捨てたもんじゃないぞ!と思うよきっと。
私はそう思うけどな~。
そんなキルトは時代を越えてもきっと、いいね・・・このキルトといってもらえるんじゃないんかね?
がんばろーね。私たち!(笑)


はりねずみ
2012年05月14日 20:36
 きよらさんコメントどうもありがとうございます~

うれしいねー、そういっていただける私って幸せじゃ。
変換できんかったら・・・なんか、片言の外国人のようじゃね??(笑)
いろんな元気のもらい方はあるけど・・・私にとってはこれが一番ズキュンと来る元気のいただき方なんよ・・・(笑)
はりねずみ
2012年05月14日 20:39
 shimaちゃん元気ですかぁ~~(猪木風に)
コメントどうもありがとうね。

shimaちゃんの元気のもとはなあに?
やっぱり隊長とのお散歩かにゃ?
気分が落ち込んだ時、自分の方向が見えなくなったとき、
なんとなく広げる私のキルトとアンティークキルト・・・
じっと見てるとなんか、「よし・・・作ろう」と思えるから不思議。
私もこんなシンプルなキルトが一番好き!
はりねずみ
2012年05月14日 20:48
Chocolateさんどきどき初コメントどうもありがとうございます。

ぜひぜひワンパッチキルト作ってくださいな。
誰が作ってもかわいいと思う。
このワンパッチって言うのがどんな変な布地が入ってても(笑)かわいく出来る
むしろ、変な布地が生きてくるのがワンパッチキルトだとおもうんよ。
これはね、布地をあわせるお勉強だと思って楽しく作ることがいいね。
まず、何枚かの一塊のグループ作っていくんよ。
それをつなぎ合わせて大きくする。
そしたらね、色がばらばらにならんでいいんよ。
その方があわせやすいじゃろ?
私の二番目の着るとはフォーパッチになってるんよ。
やっぱり時間が余ったときにつなぎ合わせて、塊をいくつか作っておいて縫い合わせてあるんよ。
ぜひぜひチャレンジしてみてね。
楽しいよ~~~!
色あわせがこんなに面白いの?っておもっちゃう!

これからもよろしくね~ぇ
2012年05月14日 21:29
こんばんは!
みんな、みんな、素敵ですね。
色合わせって難しいですよね。
こんなふうに優しい感じにできたら良いなぁ~。
くるまっていたら、体の芯まで優しくなれそう。
みんなが幸せになれるキルトですね。
はりねずみ
2012年05月14日 21:37
 うふふさんコメントどうもありがとうね~

うふふさんもやりかけ幸せキルトがあるの、私はまだおぼえとるよー(笑)
そのやりかけでも、出来上がった時の幸福感はなんともいえないよ~
・・・と、お尻をたたいてみる。(笑)
そこにあるだけで、幸せ感がわいてくる
昔の自分のキルトも、なんとなくいいもんじゃわ・・・と思えてくる今日この頃です・・・お年なのかな?(笑)
2012年05月14日 21:46
今晩は!沢山のアンティークキルトどれも素敵じゃけど はりねずみさんの作ったキルトもっと素敵じゃねー。はりねずみさんが言って居るように だんだんアンティークキルトになって来ているよね。
自分の作ったキルトに愛着があり、好きだからチクチクしているそんなはりねずみさんは幸せじゃねー。
kpatch
2012年05月14日 21:59
こんばんわ~♪
AQもはりねずみさんのも区別がつかないくらい素敵
時を越えてますます素晴らしいキルトになりますね
ワンパッチは良いですね 大好きです
四角に始まり四角に終わるって言いますから
トップで購入したもキルティングしているうちに
自分のキルトになるのですね
出来上がった時の幸福感 最高です♪
私のキルトもAQに見えてくるこの頃です  
砂夢
2012年05月14日 22:17
こんばんは。

PWの色合わせは難しい・・・と確かに思う(笑)
だけど、この布とあの布と使いたい・・・と
思ったらもう他の色の布は合わせられなかった・・・
で、出来たのがあの本をみて作ったトップでした(笑)
って、解ります?(笑)

洗濯機で洗っていたのは、
はりいさんが作ったキルトだったのですね?
一時期ジーンズで流行ってた新品を
出荷前に洗濯機で洗って古びた感じにする・・・
とは、違う…かな~?あはは~
でもはりいさんの作ったキルト達はやっぱり大好きな
AQに似てますね。どちらも素敵だし、
時々眺めてやる気を貰うっていうのも解ります。

ところで、!はりいさんに質問です!
AQのトップで裂けた縫い目とかは、
綿を合わせる前に補修しますか?
それともキルティングしながら補修してますか?
教えて下さい。


2012年05月15日 05:54
どれもはりねずみさんの作品と言われれば、そうか~と思えるような物ばかりです
やっぱり色合いが似ているのかなあ?
だんだん色が褪せて、イイカンジになってますね
はりねずみさんの作品もアンティークといわれる日がくるのかなあ
不思議な気持ちになりますねえ

とみママ in  ボストン
2012年05月15日 06:40
はりねずみさん

元気ですかぁ~
私も元気で無事1週間が過ぎました。早いです。
アンティークのキルトはなかなかこれと言った作品との出会いが
ありませんでした。少し残念

それでもミシンを使っての作品が主流なのでインチの定規とか便利な
副資材も購入してみました。生かすことが出来るかは???ですが

なのではりねずみさんの素敵なアンティークのキルトみると
お宝ですね~今週は友人と二人でNYへ行きますが英語が???
な私たち、無事こちらへ戻ることが出来るかしら?心配

夜の8時過ぎまで明るいので時間の感覚がなくなりそうです。
こっとんふらわぁ
2012年05月15日 08:38
おはようございま~す。
ほんとうに素晴らしい!
はりーさんのキルトもアンティークキルトもわたしには
見分けがつかん・・・
びっしりと入ったキルティングに目を奪われたけど
これはどっちもはりーさんの手によるものだから
わたしにとっては、はりーさんはキルティングの神様!
はりねずみ
2012年05月15日 10:58
 もこさんコメントどうもありがとうございます。

幸せ者のはりねずみです~ぅ
自分の時間で自分の好きなものを作れる幸せ…
これって、持ってる人と、まだ見つけてない人、幸せ度が違うような気がするよね?
人それぞれ幸せを感じるものが違うもんね。
この最近アンティークキルト大好きじゃけど、自分のキルトもすきじゃ…
って思えるようになった私です。
…ってことは自分のキルトも時間がたって水をくぐってだんだんやわらかくなって、人もキルトも同じじゃね…
はりねずみ
2012年05月15日 11:03
 Kpachさんコメントどうもありがとうございます

私以上にハイスピードでトップを仕上げられているKpachさん。
どうやってキルトを保管しているんでしょうか?
今の時期畳み返したり、ちょっと風を入れてあげないと、梅雨時期にじめっとしたり、カビっぽく感じられませんか?
上手な保管方法教えてくださいな。

ワンパッチもナインパッチも永遠ですよね…
何枚作ってもやっぱりもう一回!って作りたくなる。
これしか知らんの?って言われるようです。
しかし、どのキルトも一枚も同じものができない。
それがまたいいんですよね~?ね?
はりねずみ
2012年05月15日 11:11
 砂夢ちゃんコメントどうもありがとうございます。

まずまず、質問から…
AQのトップの裂け目はトップに時点でなおすほうがいいよ~。
ほいで、敗れた布地の取り換えや補修も、トップの状態で直して、キルティングに挑む!(笑)
フープをするってキルトにとって結構な力がかかるんよ。
その影響でやぶれることもあるんよ。
その時はその都度直してあげないと、ひどくなるからね…・
AQの良さははかなくも、壊れやすい…ということもあるで…
がんばってね。

私のキルトはただ単に汚くなったケーね。(笑)
猫も寝るし…・
それにパイピングは普通にバイヤスにとってないから避けるのが早い
今度直す時はちゃんとバイヤスに取って作りなおすよ。

あの本・・・わかった。
クッションじゃね?

はりねずみ
2012年05月15日 11:15
 タフィーさんコメントどうもありがとうございます

50年たったものをアンティークというそうですよ。
私のキルトは後、もうちょっと・・・(笑)
この最近は私の色合わせとか、持ってる色は古ーい、暗い色。と、あまり好かれてないんよ…・友達の間では。あはは
私はやっぱり、こういったものが好きだから、自分のそばに置きたいものもこういった色になるんじゃろうね。
ショーがない、なんといわれようと、好きなんじゃもん!あはは

はりねずみ
2012年05月15日 11:21
とみママさんボストンからコメントサンキュー

お友達とNYに・・・?
すごいな~ぁ
英語もわからんのに?身振り手振りでパフォーマンスで結構通じるかもよ。
じゃけど、全くわからんわけじゃないでしょ?
大丈夫、親切な人は世界中に住んでいる!

私はやっぱり、アメリカと言えばアンティークキルト!
その昔、アンティークキルト修復する人になりたかった。
アメリカに住んでいたら、きっと、なっていたことでしょう~~(笑)
アメリカにはハイカラ(お前は明治の女か?)で素敵なデザインがいっぱいよね。
いっぱいきょろきょろしてきてね。

はりねずみ
2012年05月15日 11:26
 こっとんさんコメントどうもありがとうございます

キルトの年代はアバウトじゃけー、こっとんさんにはだいたいあのころね…?
とわかるかな?
こっとんさんも、annieさんも数字に弱いケーねー(笑)
AQのキルトトップはやっぱり仕上げたのは自分で古いアメリカの方との合作。
じゃけー、下手なことはできんね。
ええかげんな気持ちではいけん。
・・・なんちゃって。
でもね、いつも、お空に向かって、「このキルティングでええ?」
不気味なはりねずみじゃろ????あはは