はりねずみの縫い方講座

本日は私の独断の縫い方をUPしたいと思います。

画像


まず、縫うピースを出来上がりのようにおきます。

画像


その後、縫えるところを待ち針で全部打っていきます。

そのとき、もとあった場所に戻して置いておくといいですね。

そして・・・・

画像


縫い始めます。

指貫をつかって・・・ピンと張る感じで、針を動かすんじゃなくて、

左手を動かす感じで縫っていくと裏と表の線がずれないような気がします。

そして、

先生によって、教え方が違うと思いますが、

私は線より、5ミリ外から5ミリ外まで縫う。と教わりました。

・・・・が。

この最近は縫い止まりで線の上だけ縫う方法を取っています。

画像


そして、ここよここ。

最後に玉止めしますよね?

間を空けて、もう一個玉止めを作っておきます。

その間を、リングカッターでカ~~~ット!


画像


一石二鳥。

次の玉結びをわざわざ作ることなくらくらくに作業は進んでいきます。

そんなこととっくにしってるか~~?

画像


途中こういった何枚も重なるところに遭遇・・・・

どうする?

一緒に縫っちゃう?

私はすべて、線から線。

線の終わりに来たら半返しできっちり止めます。次のピースに行ったときもね。

そして、中で一回針を通すとお口がぱか~んと開かずにきれいなとんがりができますよ。

画像


全部縫ってから次の待ち針を打つまではさみで縫い代カットはしません。

まず・・・

ピンをうつうつうつ・・・・

次に縫う縫う縫う・・・・

そして、はさみで切る切る切る・・・・

そして次にまたピンをうつうつうつ・・・の繰り返しで一枚のピースが出来上がります。

画像



そして一枚のパーツになると、アイロンをかけますが、

画像


アイロンをかけるときに縫いどまりから縫いどまりまで縫っていると

アイロンかけるときに縫い代の作業が簡単だからです。

・・・こういった理由で、私は線から線まで縫うという方法に変わりました。

画像



みなさんはどうでしょう?

ちょっとは役にたったかな~?









この記事へのコメント

2010年03月12日 19:44
こんばんは。
パッチワークの通信講座だね。
一番乗りだわ。

先生お世話になります。
線から線は、以前習った先生と同じです。
また是非とも講座開いてくだしゃい。
そして、玉止め試してみよっと…
Kana
2010年03月12日 20:23
先生こんばんわ
玉止めと玉止めの間を切る。
なんてスゴイの。良い事聞きました。
先生ありがと~

Kanaも昔少しだけしたパッチワークも線から線まで縫ってたよ。
指貫ってカッターついてるの?
慣れるまで難しそう。
2010年03月12日 20:45
今晩は!線から線まで最初と最後は返し縫こうすることで縫い代の処分が綺麗に出来る気がします。
はりねずみさんのパッチは工場生産のようですね。こうして作品が次々と量産されるのですね。
2010年03月12日 20:58
こんにちは♪

なぁるほど!とうなずきながら読みました。
玉止めと玉止めの間をリングカッターで切る、は以前にも教えていただきました!リングカッターがわからなかったことが懐かしい・・・。

はりぃさんはチャッチャッと縫っているけれど、同じことを私がしたら、丸一日かかるんだろうなぁ・・・。
はりねずみ
2010年03月12日 21:54
 nonちゃん一番乗りありがとう。

nonちゃんは線の上を縫う方法を習ったんじゃね?
私は違ってたんよ。
玉止めのやり方はリングカッターさえあればすいすいできちゃいますよ。
ぜひ、試してみてね?
そーんなたいした講座じゃないのに・・・ね?(笑)
はりねずみ
2010年03月12日 21:59
 Kanaちゃんためになったかな~?

Kanaちゃんも線まで派か・・・・
私はこの最近まで、教えていただいた事を忠実に守ってきて、あるとき・・???とこうなっちゃったのね。
指貫は針を持つ右手の中指ね。
リングカッターは左の親指にするんだよ。
はさみを持つ手間が省けるから慣れると楽チン。
すぴーどUPだよ。
試してみてね。
はりねずみ
2010年03月12日 22:03
 もこ婆さんこんばんは~。

生産工場・・・おもしろい~。
もこ婆さんはベテランだから、私が教えることもないのに・・・はずかすぃ~。
この画面上ではさっさとできてるみたいでも、そんなこたぁ~ない。
ちょっと縫ってはパソコンしたり、お客さんが来たり、電話が鳴ったり・・・の毎日です。
はりねずみ
2010年03月12日 22:08
 ゆんこちゃん、そうだったね~、リングカッター以前教えたよね?

ゆんこちゃんそんなこたぁーありゃーせんよ。
こうやって、一日よく縫えても3枚から4枚。
だからかなり時間がかかってんのよ。私。
↑でも行った様に、さーやるぞー!と針を持ったとたん電話が鳴ったり、お客さんが来たり・・・
パッチワークはほんとに細切れの時間でやってるな~と言うのが感想かな?
2010年03月12日 22:21
こんばんは!
なぁ~~~るほど。
これをしているから仕上がりが早いのね…と感心しましたよ。
私も「線から線派」でした。
ただ、一番端のピースは布端まで縫ったような記憶があります。
玉止め二つ作るのは何かで知りましたが、パッチワークではなかったような。
何だったのか今一生懸命思い出しているのですが、ちょっと頭が痛くなってきたぁ~(笑)
小さなピースに待ち針を打ったまま箱の中に何年も入っているのがあるんですよ。
待ち針が錆びていないと良いんですけれど。
先生、今日もいろいろありがとうございました~♪
2010年03月13日 04:29
滑り込んで年間どッかしらが
破れるユニホーム
この先生に頼むとこういう布でおもいきり当て布してくれそうだなぁ。
はりねずみ
2010年03月13日 11:15
 うふふさんこにゃにゃちは。

小さなピースに針を打ったまま?
どんどん、何作るんだっけ?って思いそうよね(笑)
待ち針はさびたら針磨きって言うイチゴの形したものを売ってるから、それで磨いたら使えるよ。
ま~、さびたのは捨てたほうがいいけどね。(笑)
今度は、うふふさんの切りえの講座でもしていただきたい。デジカメ一人じゃ無理だから旦那さんを引き込まんといけんね。(笑)

なんか・・・みんな線から線派なんじゃね?
知らんかったのはわたくしはりねずみだけか???
・・・おそ~~っ!
はりねずみ
2010年03月13日 11:19
 らん太郎さん・・・私は作品のボタンをつけるのは好きでも、シャツのボタンをつけるのは嫌いなんじゃよ・・・
なんでかね?
創造性にかけるから?
旦那のジーンズの破れはミシンでガチャガチャ直すけどね?でも、これは昔、仕事でやってたからお得意なんじゃよ。(笑)
はーにゃ
2010年03月13日 14:16
おひょ~。またまた通信講座じゃね?
このパターン、好きだわぁ。なんか、トラディショナルなパターンですよね。
私もいっぱい、切ってあるんだけど、縫ってないのだ。
やるか、、、?やらんな。
もう少し、気分がのってきたら、この講座を参考にして、やってみるばい。^m^
はりねずみ
2010年03月14日 09:09
お~~~~~いはーにゃどーーん、やらんのかい?

いつ気分が乗るんね?
やりたくない・・・っていうのもあるよね?
↑のうふふさんも針がさびとるらしいよ。
私も切ったままのはある。
この前なんて、ヘクサゴンのやりかけ、うり坊うはうは言いながら持って帰ったもん。
昨日コンテンポラリーキルトの展示見にいったんだけど、改めて、トラディッショナルのよさを感じたね。
dream
2010年03月15日 00:24
ご無沙汰で~~す。
口内炎がひどくて食欲はあるのに食べられず
少し痩せて登場です(^^ゞ

縫い方っていろいろですね~
はりねずみさんはもう全部会得してしまって、今は
ハリネズミ流ですね!
経験ってすごいと思います。

玉止め2個は前にも伺ってなぁ~るほど!
だからスイスイ進むんだ!って感心しました。

私も印~印まで縫ってます。
それから玉止めはしない方法で教わったので
いつの間にかそうなっちゃいました。

だけど!!!
このパターンの枚数の多さに!!!
すごいな~

はりねずみ
2010年03月15日 11:31
 dreamさんへお返事。

口内炎で痩せた?
治るとまた元の体重に戻るから心配ないよー。(笑)

私は5ミリ外から縫う派だったんよ。
先生からはそう教わったから何十年とそうだったんよ。疑いもせず・・・
でも、いつも、縫いしろこっちじゃないジャン!
見たいな失敗があるし、先もきれいにいかなかったり・・・あるときから線派になるとらくらくジャン。
こういうこともあるんですね?

この作品も、今はボーダーがついて、デザイン待ち状態です。
締め切りには間に合いそうもないかも・・・とほほ
はりねずみ
2010年03月16日 13:50
 ぷーままさん気持玉いただきまーす。
sorae
2016年07月27日 11:52
こんにちわ。
何をいまさらですが、講座受講中でございます。
色合わせでパニック状態になりましたが、隣の色と喧嘩しないように、喧嘩はだめと思いながら、ベットの上に並べています。(広げる場所がないんです。)縫い方も左手を動かすと表の線と裏の線がきれいにそろい、上手になった気分です。玉止めも2個作って間を切るようにしました。現在ははさみで切っていますが、それでも便利です。リングカッター注文したのが今日届くので、うまく使えるか心配ですが、楽しみです。うすうぃキルト芯を入れることにします、がおすすめのものを教えてください。だめならコメントなしでお願いします。
手が遅いのでしばらく先のことです。
はりねずみ
2016年07月27日 12:09
soraeさんこんにちは~
受講生になってくださってどうもありがとうございます~
(って、たいしたもんでもないけれど)便利に思っていただいたり、ちょっとした、ヒントになったら嬉しいな~と思います。
リングカッターはへクサゴンの時の巻きとじなんて、絶対必需品です。
玉止めと、玉止めの間を・・・というのは確か、鷲沢先生がおっしゃっていたのを見て、👀から鱗でした。(笑)
今では、どんな時も、忘れずに・・・
この最近読んでいる古い本の中にも、縫い方のことが書いてあって、やはり、左手の布地の方を動かす・・・と・・・
あ~なんか、とってもいい本に出合えました。(それは又次回にご紹介しますが また見て下さいね)
おお。キルト芯のお話ですが、私はキルトパーティーの大きなサイズのキルト芯で一番薄いのを使っています。ちょっと、高めなのですが、大きなキルト主にアンティークキルトの時はこのうす手です。
キルトパーティー以外でもあるとは思いますが、今のところ、私が知ってる購入先です。バイリーンです。ベットサイズしか知りませんが、巻きでもあるかもしれませんねー。残っても、バックとかのミシンキルティングにも使えますよ。(私が使ってるというだけで、他の方はどうかわかりませんが・・・笑)
また、何かありましたら、ご質問くださいね。
私の知ってることはお応えできると思いま~す。
sorae
2016年07月27日 20:17
こんばんわ。いつも丁寧なコメントをありがとうございます。これで作り上げるやる気が出てきました。キルトをほったらかしたのは、使えるものにする自信がなくなっちゃたからなんです。作ったら使う、使えるものを作る。ものづくりの原点だと思うのです。
リングカッター、使えます。便利です。ホントに買ってよかったです。
また、「教えてください」をおくりますが、よろしくお願いします。
はりねずみ
2016年07月28日 13:13
soraeさんこんにちは~
リングカッター使いやすいでしょ?
これはとっても優れものだな~と思ってます。
しつけの時はセルフ針とリングカッターではさみいらずです。
ほんとうに、楽ですよね。
道具を知ると、こんなにも、作業が楽になるんじゃねーと感心したものです。
私も、基本的に、使うためにキルトを作るわけですが、作りすぎて、今はお休みしているキルトの多いこと・・・反省。しかし、作るのをやめられません。(笑)
sorae
2016年07月28日 14:42
毎日こんにちわ。
本当はいいっぱい聞きたいことがあるのですが、
今回はキルトの大きさについてです。自分の好きな大きさで作る。のは重々わかっておりますが、作ったことのある方の大きさを参考にしたくて、書いてます。10×10が縦16枚、横12枚並べて置ける状態です。まだつなぎ終わってはいません。それから、キルトパーティをのぞいたら、キルト芯超薄130センチ巾1mカットというのがありました。私繋ぐことはできます。これでいいのかな?
はりねずみ
2016年07月28日 15:05
 soraeさん は~いまいにちこんにちは

サイズですが、今から作るそのサイズは一番引っ張って使う(笑)にはちょうど良い大きさですね。
それ以上大きくなると、バットカバーサイズになると思いますが。
夏かけにしようと思うと、もうちょっと、大きくてもいいかもしれませんね
180cmの長さはあった方がいいかも・・・
用途にもよるとおもうけどね。
キルトパーティーで、私が購入していた時はそういうのがなかったんだけど、今はあるんですね。
私はいつも、アンティークキルトに使うのでベットカバーサイズを買っていました。でも、それでいいと思いますよ~
130センチ幅なら、今作ってるキルトの幅にちょうどいいですね。
今は接ぐのもテープが出ているからとっても便利ですよね。
試しに購入してみたらどうかな~?(無責任?ごめーん)
sorae
2016年07月28日 16:18
サイズ180×140にします。キッパリ。
キルト芯はもう少しネットを放浪してみます。どこかにベットサイズでというのをみたことがあります。
キルト歴30年?でしたっけ?どこかに書いてあった。本も出そうかというような偉い先生にこんなこまいこと書いて教えてくださいなんて、身の程知らずでした。が、もうしばらくよろしくお願いします。
はりねずみ
2016年07月28日 17:50
 soraeさん またまたコメントどうもありがとうね~
きっぱりサイズにしたんじゃね?
その極薄タイプのベットカバーは私は、キルトパーティーで購入しましたよ。
その時、m売りは無くって・・・
quilt歴は今の仕事を始める時に始めたので、来年でちょうど、30年になります。長いだけで、たいしたことはありません。
しかし、30年も、好きなことできるってことがこの最近すごいな~幸せだな~と思ってます。キルト作りも仕事も。(笑)
なので、下手な長糸のようなもので、えらくはないので、またご質問くださいね~
sorae
2016年11月03日 14:33
こんにちわ。「タグキルト」とても素敵です。これっくらい素敵なものなら飾れますね。私もいつか腕が上がったら、飾れるものを作りたいです。コインパースも作ってみたいです。
聞いていいものか悩んだのですが、何をいまさらのようなことですが、

ピンをうつうつうつ・・・・

次に縫う縫う縫う・・・・

そして、はさみで切る切る切る・・・・

このはさみで切る 部分なのですが、ピースの縫い代7ミリにして裁っています。縫うと少々ずれるからこれを切りそろえる?それとも5ミリくらいに切りそろえる?なんか気になって、この不躾すぎる私と細かいことにこだわるわたし、いやなんですが、教えてくださいませ。
はりねずみ
2016年11月03日 15:20
 soraeさんこんにちは~
ご質問にお答えになるかどうか?わかりませんが、私のやり方考えでよければ、参考にしてみてくださいね。
7ミリを5ミリに切りそろえる?ってことですよね?
5ミリに切りそろえるっていうのは囲むキルティングをするときに縫い代がかさばらないので、キルティングがしやすいから、それくらいに切った方がいい…というのが私の考えです。
あまり短く切ってしまうと、そこからほつれるといけないし・・・
それくらいの理由ですかね?
あまり細かいことにこだわると、何事も、面白くなくなっちゃいますよね。
だから、ま、いっかぁ~という気持ちで、ちくちくしてくださいね。
そして、今から、どんどんいろんなものにちゃれんじしてください。ね。
sorae
2016年11月03日 16:38
ありがとうございました。非常にわかりやすい回答でした。本当に5ミリ程度に切ってしまうんですね。切るっていうことがどうなのかハッキリし気持ちはさっぱりしました。ピースカット中で疲れました。この作業が一番好きじゃないかも。でもしつけ掛けになると、これが一番好きじゃない、と言ってる私かも。キルティングが一番好きです。
はりねずみ
2016年11月04日 11:02
soraeさんおはようございます
本当の意味は私にはわかりませんが・・・
答えは先生それぞれだと思いますので、参考までに・・・という事で。(笑)
縫うことも、しつけも、キルティングもすべてひっくるめて、キルトを作るという事なので、きっと、キルティングになったらあとはこれで終わる・・・という余裕の気持ちもちょっとあるかも。
そこで、壁にぶち当たらないのはいいことです。
楽しんでチクチクしてくださいね。