10年前のノートから

最近作っていた新作のキルトのぴったりくる布地とめぐり合えず、
ちょっとスランプ

それで、身辺整理!
ずーと毎年手帳をつけていて、たまたま1998年の手帳を開きました。

1998年1月。。。
「張り切りすぎて難しい複雑なデザインのキルトよりも

易しく作れてデザイン効果のあるキルトの方が

ベットにかけても、室内装飾としても合う場合が多いのではないでしょうか。

思いがけなくできたシンプルなキルトは

原っぱで美しい野の花に出会ったような

誰が見ても好きになる美しさがあります。

そういうのは賞を取れなくても素晴らしい価値があります。」

    小林 恵


画像


そのころ作っていたキルトです。

きっと小林恵さんの言葉が私の原点なのかも・・・
いまだに変わらないその原点の思い。

決して主張してないけど存在感のあるもの。

1995年~1999年2月までかかったキルト

色合わせが楽しくて、面白くて、終わりたくなかった記憶があります。
単純なものの美しさ、難しさ・・・

画像


その中にあるデザインがやっと次のやる気を起こしてくれました。

画像


今日からこのキルトを始めることにしました。
10年以上も前から作りたかったんだから、
新作ミニキルトに挑戦!

時には身辺整理してみるもんですね。


今日はとってもいい天気。

庭の花もきれいです。

画像


大好きな色。
ロベリアとヘリオトロープ

画像


その上花屋の友達がすごーく大きなダリアを持ってきてくれました。
素敵よね~

画像


さて、新作の進み具合UPできるようふぁいて~ん!



パッチワーク・キルト用品・ソーイング用品・製図用品【クロバー】斜方眼デザインノート
手芸の山久
配色やパターンを楽しく、思いどおりのデザインに。実寸大でブロックの製図ができます正多角形やひし形を組

楽天市場 by ウェブリブログ

この記事へのコメント

はーと
2009年04月07日 22:40
こんばんは 
4年あまり費やした作ったキルトは 細かい細かい細かそうです。
新作ミニキルトは とっても私好みです。
色合いもデザインも素敵です。。
出来上がりが 楽しみです。
ダリアの後ろもキルトですね。
はーにゃ
2009年04月07日 23:40
こんばんは。
お片付けして、思わぬ収穫があったんですね。
新作ミニキルト、この曲線、カーブをミニキルトで作るのは難しそう、、、!
でも、はりねずみ先生ならサクサクですね。
早く見たいなぁ。どんな色で作るのかな。

はりねずみ
2009年04月08日 06:56
はーとさんへ

今考えると忍耐力だけはあったんですねー。
4年の間、これだけではないんだけど、作りたいという意欲だけはあったみたいです。
久しぶりのアンティークミニキルト頑張ってみます。応援よろしく。
はりねずみ
2009年04月08日 07:03
はーにゃさんへ

最近夜のキルティング以外作品を作りたい!という意欲に欠けてまして・・・昔は大きな作品の気に入った布地にめぐり合うまで小さな作品を作って待つ!ということをしていました。ブログを始めていろんなコメントもらってパワーをもらいたいなって思ってます。応援よろしく
ゆんこ
2009年04月08日 22:10
おこんばんは
「色合わせが楽しくて、面白くて、終わりたくなかった記憶があります。」
この一言にはりねずみさんのキルトに対する姿勢が現れていると思います。すばらしいです!
植木鉢が置いてあるテラス、素敵ですね!こちらもご主人さまの手作りですか?
はーとお姉さまのご主人といい、みなさん器用ですね。
2009年04月09日 11:26
こんにちは。
はりねずみさんのキルトに対するお考えは私なんかよりはるかにレベルの高い高尚なものでございます。年月がそうさせるのか?でも、はりねずみさんにも最初の一歩はあったんですよね?
まだまだひよこの私からすると思いもよらないことが多いですね。
アンティークのキルトも素晴らしいですね。
はりねずみさんのブログで初めてアンティークのものがあると知りました。よくわかっていませんが、
キルトJAPANなどにもときどき掲載されています。
初めはなんのことだかわかりませんでした。
少しわかったような気がしますよ。
ダリヤの花大きくて見ごたえがあって綺麗ですね。
また、お邪魔しま~す。
はりねずみ
2009年04月09日 13:19
ゆんこさんへ

はい。テラスも本体の店もmade in 主人です。
壊れたものは何でも直しちゃう何屋かわからないような人です。
お金持ちなら店も壊れたもののすべて買い換えたりするんですけどね。えへへ。
はりねずみ
2009年04月09日 13:33
小夜子さんへ

えらそーなこというのはただの年月をかさねたからです。
いつもコンテストとかに応募するとき、
デザインを考えるとき、根底にこの小林恵さんの言葉があるから競わない美しさのあるアンティークキルトを参考にします。
だから入選したりすると驚きでいっぱいです。
でも、一方でわかってくれる人がいるんだと思うと励みになります。
これからも私のキルトとアンティークUPしていくのでよろしく~

この記事へのトラックバック