パッチの小道具

この暑い中、 朝はキルティング ピーシングという作業を進める。 キルティングにはもちろん指貫が必需品 今私が1番使いやすいのは 真ん中にメタルの入ったシンブル。 しかし、このメタルシンブルの同じところに針があたるので、 穴が開いている ・・・・だから、取り外してくるっと回してボンドでくっつける。(びん…

続きを読む

はりねずみの縫い方講座

本日は私の独断の縫い方をUPしたいと思います。 まず、縫うピースを出来上がりのようにおきます。 その後、縫えるところを待ち針で全部打っていきます。 そのとき、もとあった場所に戻して置いておくといいですね。 そして・・・・ 縫い始めます。 指貫をつかって・・・ピンと張る感じで、針を動かすんじゃなくて、 左手を動かす感じで縫っていくと…

続きを読む

はりねずみの針講座

はさみでしつけをチョキチョキ切りながら・・・・・ 取り外して再生して使う。 100枚入りで360円と消費税。 結構なお値段がかかる。 100枚なんてすぐだから、こんなんにこれ以上お金費やせないよー。 でもこれももう白っぽい布地の型紙をはめ終わってしまった。 またまた中の型紙を取らなくては・・・ この作業はビデオ見ながらはで…

続きを読む

はりねずみのアップリケ講座

本日はパッチワーク講座です。 名づけて、はりねずみの「アップリケが面白くなる」講座。か? 「上手なごまかし方」講座か? アップリケはやっていくうちにとっても楽しくなるんです。 そうなるためにはまず、技 ができるお手手も大事ですが・・・・まず、道具です。 一番大事なのは細くて、すこし長めの針。 私が今愛用しているのはこのBEE-INNの針。 縫い針…

続きを読む

日曜日-しつけかけ

試験前やらなきゃいけないのに 違うことがやりたくなる性格・・・・ 庭の花を植え替えたり・・・ 本読んだり・・・ いませんでもええじゃろ! 先週土曜日からパソコンで来週からある展示会のための キルトの紹介を作成。 昨日は計ってないキルトのサイズとか・・・いろんな細かいことをやっていました。 ほらほら・・・・じゃましにやってきた。 どいた…

続きを読む

グリーンリーフのできるまで-5

前回ここまででしたね。 この後、どんどん葉っぱをくっつけていきます。 一枚一枚間隔をみながらくっつけていきます。 ぐるっとくっついたら 次はしつけをかけます。 しつけをかける前にアイロンをあてます。 中央から外に向かって・・・・ これをすることによって、キルト芯とトップがきちんとくっつきますから 浮かずにきれいにできます。 …

続きを読む

へたっぴいのアンティークキルト

前回ご紹介したにゃんこの座っていたピンクのキルト 作られたのは1890年~1900年ごろ ピンクの上に濃いピンクのプリントでダブルピンクといいます。 現代では復刻の布もたくさん出ていますが貴重な布地です。 来たのはいいんですが・・・・ なんと!とっても下手なんです。 縫い方も、キルティングも。 レモンスターのパターンなんですが中央部分はこ…

続きを読む

グリーンリーフのできるまで-3

先週の調子もいまいちから脱出! でも、のろのろの這い出してる感じ。 だけど、ここまでできました。 今日はアップリケの簡単でうまくいくんじゃないか・・・ という私なりのやり方をお教えします。 アップリケは大好きですが、中にはカーブがうまくいかない。 角がうまくいかない・・・ などといろいろですが、 縫い代はこれくらい よくカーブに切り込みをたくさん…

続きを読む

120年前の汚れ

シミの部分は取れてはいませんがどことなくさっぱりしています。 120年間どこでどうやって汚れてきたのか・・・ 私よりうんと長い時間この世に存在していること・・・ 人間にしてもキルトにしてもお風呂の後はさっぱりします。 どことなく洗ったあと軽くなったような気がします。 今日はおまけに春の食…

続きを読む

ただ今進行中キルト

なかなか進まないんだけど、   現在進行中のキルトです。 今はレモンスターを縫ってるところ。 レモンスターの中央のうまく行く縫い方のコツを1つ! レモンスターは基本的に縫いどまりですよね。 まず4枚をあわせて・・・ 次に2枚をあわせて・・・ 次に2枚をあわせるとき縫い代の間を何回か中央のしるしのところで 針をい…

続きを読む