スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチ

8月6日は 世界で初めて

核実験による 人体実験を アメリカが実行した日

今 世界中はコロナと戦っている

しかし、第二次世界大戦に比べたら コロナの方がまし

比べものにならないくらい 平和と言うのはありがたい



215798C8-652E-49DB-A56D-0D10146476E6.jpeg



この最近 アレクシエーヴィッチ の 新刊を読み始めた

彼女の本はこれで4冊目

彼女を始めて知ったのは

NHK のテレビで 福島を訪れているのを見て

「 チェルノブイリの祈り 」と言う本を読んだのが初めて

その後、「 戦争は女の顔をしていない 」

「 ボタンの穴から見た戦争 」と 人々からの恐ろしい話を通じて

本当の戦争の怖さを感じた




5C11AD36-3DB0-4886-B688-71939C05977B.jpeg




日本の中にも 暮らしの手帖の

「 戦争中の暮らし 」と言うのがあります

花森安治さんが 庶民の小さき人の声を聴き

本にしたものです



アレクシエーヴィッチも 名もなき小さな人々の声を聴いて

本にする

チェルノブイリの原発事故の本も 戦争の本も

身震いするほど怖かった

その彼女はノーベル文学賞を受賞して

現在 ベラルーシにはいられなくなり ベルリンに亡命して住んでいる

今、話題のオリンピック選手の国の人だ



C28F9877-4A97-482F-8A9A-52B7F1AB012B.jpeg



今、こうして

穏やかな毎日を送れることは

国が戦争を望んでいないから

一番大きな 大事なことだけど、

同時に

同じ国内で次々と原発が作動して

また大きな地震があったり 事故があると

穏やかな暮らしは約束されない

今回のオリンピックでは

韓国の選手は 福島の食材を疑い

自国の食材を持ち込んで挑んだとか・・・

韓国から見て何のためのオリンピックなのだろう ?



7D45F880-A738-42CA-B841-81EA82F36B91.jpeg



私の住んでいるこの場所も四国、山陰と原発はある

一番近くの上関は 反対運動が続いている

先日も、島根原発で事故が起きた時の 避難指示が 新聞に出ていた

これを見て 平気でいられない

指示が出たから 安心というものではないのだから

事故が起きたら、今の穏やかな暮らしは なくなるのだということなのだから

事故は 起きうるという 想定指示なのだから・・・





アレクシエーヴィッチは

ロシアの社会主義も 日本の資本主義も 同じ

国家は人間を欺き 利用してきたという

そして国家と役人たちは 人々を救うことなく 自らの救済に走った



C2089996-EF81-458F-8CF4-9DDFD1605817.jpeg




今、私たちは

平和ボケと言われる前に

きちんと、世界のいろんなことを見て、聞いて学んで

小さな人たちが きちんと平和の志を持つことが

大事なんじゃないかと 思います

そのうえでの、平和を望む日本という国を

今回のオリンピックで 世界にアピールできたらいいのにな

と思う今日この頃です





興味ある方は ぜひ、読んでみてください

スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチ

いろんなことを 考えて

自分の中から 平和をひねり出しましょう



本日は長々と書きましたが

最後まで読んでくださってどうもありがとうございました





"スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチ"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: