キルトジャパン賞の結果

昨日お昼に配達から帰ってみたらなにやら箱が・・・

「福砂屋のカステラの箱???私、カステラ頼んでないよ?」

ひょえ?

ヴォーグ社だ・・・

ええ?今頃返ってきたの?ってことは落ちたの?

箱を開けると、

画像


斉藤先生のお店、「キルトパーティー笑(しょう)ちゃうちゃう、賞」


画像


3年前のキルトジャパン賞の時までは、作品が返ってきたのは12月終わりのころだったし、

賞品も作品とは別々に送られてきていた。

ここにも経費節約の波が・・・(笑)


画像



私は今回斉藤先生が審査員だったから応募した。

だから、

大満足。


前回も斉藤先生の審査員賞でうれしかったけど、今回も素直にうれしい。


画像




こんな素敵な賞品もいただいちゃったし・・・



画像


布地も素敵・・・使いやすそう。

明日水を通そう・・・


初めて応募した時は賞金だった。

次は大きな箱の賞品。

次の時これまた大きな箱かな~?と楽しみにしていたらすっごーーーい小さな箱。

画像


素敵なはさみが一つ入っていた。

舌切り雀のようじゃわ。

「大きな箱と、小さな箱、おばあさん、どちらがいいですか・・・?」

なーんてね。

今では使って薄汚れているけど、大事なはさみ。

それからも、いろんなものをいただいた。

そのたびにとってもうきうき、いい思いをさせていただいた。

賞金は振込みで形が見えないけど、賞品は目の前に現れる。

開ける時わくわくする・・・

画像


このキルトの裏の布地は野原チャックさんの「ビー・イン賞」

画像


この作りかけのキルトの白地もそう。

思い出が一つの作品になっていく。

この作りかけのキルトは又、来週のご紹介。


と言うことで、

本日はご報告まで。

おお・・・何ページかに先日の「平和のパッチワークキルト」の記事も写真も・・・

興味のある方は本屋さんで立ち読みして(いや、買って)くださいね。


今年は特に、ここで皆さんが応援してくださったおかげでいい結果になりました。

応援してくださって、どうもありがとうございました。

心から感謝しています~。


画像









"キルトジャパン賞の結果" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント