私の襤褸

画像



襤褸 と 書いて ボロ と読みます



何年か前に 東京ドームで拝見した 日本の藍染の



襤褸 の キルト の 数々



めっちゃ好きで、感動した 記憶があります







画像






そのとき インド北部 や パキスタンのキルト



ラリーキルト にも 興味があった 私



アメリカの 何でもない布地が つないであるキルトに ひかれる時



England ウェールズや ダーラムのキルト にひかれる時



そして、以前 ローラアシュレイの本で見たキルトが



あのダーラムのキルト だと気が付いたとき
 


どうして、自分が このキルトに ひかれるのか ?



このキルトの どこに ひかれるのか ?



って、ことを 常に考えていたように思います




画像








そして、以前にも書いたことあるけれど



何年か前に 見に行った キルト展の中で その前から動けなかったのは



丸屋米子さんの 襤褸のキルト



美しい、手の込んだ キルトではなく



ひたすら、つないで、繕って 糸で強くしている 藍染のキルト






画像




私にはこんな、日本の襤褸のキルトは作れないけど、



今捨てようかな・・・・? と 思っていた ボロボロになった



初めて作り方も知らずに作った キルト



これを、自分の 襤褸のキルト にしちゃおう 



と、暇を見ながら 繕ってます





画像








知らないってすごい !



何も知識がないって 無謀だ ・・・



キルト芯を 二枚重ねている (笑)



きっと、そのころの私には キルトは布団 っていう感覚が あったんだろうね



何度も、もう捨てよう と ごみ袋に・・・・



しかし、捨てきれない 



そのたびに拾い上げては 足元のマットに





その後は



ねこの布団に・・・




画像






ゲロっチ吐かれては 洗濯機へ・・・(笑)



せめて、きれいにしてから 捨てようとしたけど、



そのつど 拾い上げて、やっと、たどり着いた



今の気持ち





画像








繕って、 ラリーキルトもどき に しちゃおう project



生きてる証のような 



きっと、捨てれない キルトなんじゃとおもうわ



すべてのキルトに共通して 好き! って言えること



それは


使い古されて 洗いこまれて



くちゅちゅくちゅになった 物の中にある って わかったからかも



今からも そういった気持ち 大事に 物を作っていきたいな



と、感じている 今日この頃です







画像







シルバーウィーク (というもの) に入るんだそうです (いや…入ってるのか?笑)



だから、私も当分 お休みしま~す



皆さんも、楽しい シルバーウィークをお過ごしくださいね







いつも見て下さって ありがとうございます



又 よろしくお願いいたしま~~~す