はりねずみのキルト

アクセスカウンタ

zoom RSS ターシャさんと、ボストンさんのキルト

<<   作成日時 : 2013/02/04 21:29   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 24

画像</d





さて・・・・



キルトフェスティバル最後のお待ちかね…(?)


ターシャさんはお庭で有名なんだけど、


キルトの腕前も素晴らしいです







画像






飾ってあったキルトは針目が細かくて、


びっちりキルティングが入っています



お洋服もたくさん飾ってあったけど、


どの布地も、私が大好きな年代の布地を感じさせる






画像






ターシャさんのキルトは


やはり、作り手の性格を現すような、


きりっとしたキルトです


ターシャさんのキルトは一枚しか飾ってなかったんだけど、


ボストン夫人のキルトはたくさん飾ってありました


・・・・が〜〜〜


撮影禁止なので、私の本でご紹介








画像





このキルトが一番見たかったキルトです。


本で見ただけじゃわからないところも


ばっちり、何度も何度も、足を運んでみてきました。





お月様の部分は一枚ではなく


何枚も何枚も丁寧につないでありました






画像





小さな、細かい作業も、どんどん難なくこなせていたボストンさん


なんと、60歳を過ぎてからパッチワークを始めたということ・・・・


一番たくさん作ったのは、80歳代のとき…・



「 もう目が見えないからできないわ! 」



なんて言ってる場合じゃありゃ〜せん







画像





とにかく完璧に細かい針目でつないであります


ボストンさんのキルトはすべて、ペーパーライナー方式なんです。



キルティングはされていませんが、


それをどういう風に仕上げてあるのか…?


私はとっても興味がありました。








画像






なかでも、


ルーシー・ボストンさんが作った最後の大きなキルト


この前に立ったとき…・


涙が出てきました。







どんなに素晴らしい腕を持っている人も、


年をとったら、こんなふうにぴっちりできなくなる


縫い合わせたところの糸がほころんでいるの見たら、


あれだけきれいな針目だったのを見ているだけに


切なくなりました



しかし



目が悪くなっても、作りたいという意欲がある限り、


出来上がるものなんですよね。


そして、もう、角が合ってなくても、そんなことは何でもないこと。













一枚一枚、



ゆっくり時間をかけて、



何度も足を運んで、よかった・・・・











ボストンさんのキルトを見て、物を作るということ、


布地をあわせる面白さ、


ターシャさんのキルトを見て、物を大事にするということ…


いろんなことを教えていただいた。


それは、


上を目指して、作ることではなく、



物を慈しんで、作り上げるということ。












今から私がやっていきたい作業の



背中をそっと押してくれたような



お二人のキルトでした。











長くなってごめんなさいね



これで、私のキルトフェスティバルの感想は終わりです〜〜〜




さて・・・・




自分の、キルトの形が見えてきたから、



チクチクスタートです







画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
ターシャさん昔から大好きです♪
一冊だけ持ってる本もこのキルトが表紙のです
こんな生活に憧れる、でも現実は・・・・です
(なんちゃって農家ですが〜)
私も自分のキルト大切に繕いながら使ってますよん
最後のサンプラーキルト?チクチク開始ですか?
楽しみだなぁ♪(すんごい好みなのです)

2013/02/05 08:09
初めてお邪魔いたします♪
はりねずみさんのブログで、いつもパワーを頂いています(^^)
次々と生まれてくる作品に、キュンキュンさせて頂いてます❤
今度は、サンプラーキルトですね!
どんな作品になるんだろう?楽しみです♪
素敵ですよね〜〜、ターシャさん!!
元気が欲しい時、ターシャさんの本を広げる私です♪
やりかけばかりのキルト・・・私も頑張らなきゃ(*^^)v
いちごの実
2013/02/05 09:34
おはようございます
キルトフェスティバル お疲れ様でした
私もターシャさんとボストン夫人が楽しみでした
幾つになっても 針目が揃わなくても縫い続ける心
心が熱くなって 後押しされました
縁あって私の手元にやってきたAQを
丁寧にキルティングしていきたいと思いました
やっぱりり本物のキルトは心動かされるのですね
いっぱいやる気をもらったボストン夫人でした
kpatch
2013/02/05 09:57
はり〜さん
おはよう。ターシャさん、本当に凄いよねぇ〜
BSで紹介された時、この色使いや仕事の丁寧さ、きっと几帳面な性格の方
だったんだろうなーと思いました。
このピンクとグリーンの生地も、とても綺麗じゃね。
こういうキルトを作ってみたいね。
以前娘とターシャ展を見に行った時にちょっと衝撃だったんよ世の中にこんな高齢になっても、こういう生活をしてる方がいたんだーって。
毎日いい加減に生活してはいけないような背筋がピーンと伸びる気がしましたよ。毎日きちんと丁寧に生きていかなくっちゃって。
でもはり〜さんのキルトも素敵じゃね。
見てると元気になれそうじゃわー
今度見せてね〜
ベル
2013/02/05 10:03
 桂さんコメントどうもありがとさ〜ん
ターシャさんの生活…あこがれる一人です。・・・が、現実はそうはいかんよね〜?
でも、畑に出ているとき、お花を育てているとき、心はターシャさんになっとるよね?新しいものも、わくわくするけど、今まで使っていたものを繕いながら、大事にする心はやっぱり素敵よね〜?
このキルトは今、大変身予定のアンティークキルトトップなんよ。
はりねずみ
2013/02/05 10:46
 いちごの実さん初めまして、はりねずみです
コメントどうもありがとうございます〜。
お褒めの言葉で低いお鼻が高くなっちゃいます(笑)
このサンプらーキルトはすごい昔のアンティークキルトなんですよ。
ご縁があって私のもとに来たんですが…今、このキルト…ばらしてます。
切り刻みジャック!と呼ばれるかも…?あはは
どんなふうになるのか?私自身も楽しみです。
ターシャさんも、ボストンさんも、元気がもらえる一冊です。
やっぱりお年をとっても、前に向いて生きているというのが私たちには勇気をもらえるからかな?
これからもよろしくお願いいたします
はりねずみ
2013/02/05 10:51
 Kpatchさんコメントどうもありがとうございます〜!
やはり、Kpatchさんも同じようにこのお二人のキルト楽しみだったんですよね!
私も、二日間のうち何度行ったり来たりしたことか…?
Kpatchさんのもとに今回やってきたアップリケのアンティークキルト
すごっく素敵ですね?
Kpatchさんだから、すごく素敵なキルトライン、そして、さっさか仕上げるその技術ですぐに使えるキルトになるんでしょうね?
私はいまだにとろとろしています。
Kpatchさんのそのパワーわけてちょ!(笑)
はりねずみ
2013/02/05 10:55
 ベルさんコメントどうもありがとうね。
みなさん百恵ちゃんのキルトを通して百恵ちゃんを感じよう…とするのと同じように、私もこのお二人のキルトをみて、パッチワークの力・・みたいなものを感じ取りたかったんだよね〜〜。
ターシャさんのお庭は彼女の思い通りの完璧なお庭。
それを感じさせるような、キルトでしたよ。
きっと、何事にも妥協しないんだろうな〜〜〜?
わたしとちがうにゃ・・・みないな。
このサンプラーはアンティークキルトです
今年の私の課題。修復作業です。
今は大胆に…・バラバラ切り裂きジャックに
天のキルトの女神様もまっさおかも〜。
はりねずみ
2013/02/05 11:00
はりさん こんにちは
ボストンさん60歳からキルトはじめたんだね。
もっと早くパソコンをはじめたら〜
もっと早くキルトをはじめたら〜と
もっと早く〜〜と思うことが多かったけど、
いくつになっても遅くないんですね。

色んなことでくじけそうになった時
偉大なおばあちゃま、ターシャさんボストンさんを
思い出して、頑張ろうと思います。
80歳まで頑張るべ!

60歳になっても80歳までなら20年できる!
もも吉
2013/02/05 11:56
こんにちは
二人のご夫人素敵です。
肉体が滅びてもその存在を強烈に残していますものね。
目標にしたいな〜(気持ちだけでも)

はりーさん、もう次に向かってるんですね。
ぷりん
2013/02/05 12:30
こんにちは。
素敵なキルトばかりですね。
私も作りたいな!!やっと、おくるみが出来上がったので何を作りましょうか?やっぱり、作りかけのバッグが先かな!?
娘のリクエストのオールポッケトから作らないといけないかしら!!
おくるみハラッチさんの掲示板に貼らせて頂いたので、のぞいて見て下さいね。広げるとマットになります。
ヒーコ
2013/02/05 13:00
はりーさん こんにちは!

たくさんの作品の画像と展示会のレポ
ありがとうございました!
とっても楽しく読ませていただきました(^^)

ボストン婦人の作品を生で見れたなんて
本当に貴重なことですよね!
私もあの星と月のパッチワークは大好きです。
キルティングしていない状態とは
裏布とトップを周りで縫いとめてるだけなんでしょうか?
私もどんなふうになってるのか気になっていました。

ターシャさんの展覧会は、数年前に行ったことがあります。
あまり彼女のことを知らないで行ったので
お客さんがたくさんでびっくりしました。
私は洋服がすごく好きでした。
出縫いでドレスって、一度縫ってみたいなーと思ったんですよね。

みかみ
2013/02/05 13:50
 ももちゃんコメントどうもありがとうございます
人間いくつになってもわくわくする物に出会えるということは幸せなことなんじゃね?
だけど、長くやってても、これでおしまい!ってことがないよね。
もっともっと作りたい、作り続けたい…その気持ちを持ち続けつことができるのはほんの一握りの人なんでしょうね〜?
そんなことを感じました。
ももちゃんはまだまだ若いから、今からいっぱいミシンもハンドもやる気十分!
80歳になるまで元気でちくちくしたいな〜
私はそれが望みじゃわ。(笑)
はりねずみ
2013/02/05 16:03
 ぷりんさんコメントどうもありがとうございます
ほんまね〜、私も目標にしたいわ!
元気で針が持てるってこと自体幸せなことなんよね。
お二人のキルトの魅力はキルトの中にある「物を生み出す力」みたいなものを感じるのよね〜
ほんと、目標にしなくちゃね!?

私は今キルトを組み直しにかかっています。
昔の人がわざわざぬったものをほどいて、洗って、きちんと型紙撮りなおす作業・・・めんどくさ〜〜ぁ
でも、楽しいんよ!もったら・・・うきうき(笑)
はりねずみ
2013/02/05 16:08
 ヒーコさんコメントどうもありがとうございます
拝見いたしました〜
緑のパッチがかわいいわ!
広げると…マットに?おしめ換えるときとっても便利ね。
お孫ちゃんは男の子なんですね。かわいいだろうな〜
その次はやっぱりリクエストがあるものが先なのかな?
でも、気分が進まなかったら…私はいつも、小物は気分が進まないな…あはは
でも、喜ぶ顔が見たいから、がんばってくださいね!!
はりねずみ
2013/02/05 16:11
 みかみちゃんコメントどうもありがとうね
本物を見ることができたなんて、とってもラッキーです。
だって〜イギリスのマナーハウスまで行かないとみることはできないものね。
キルティングはされていないんだけど、裏布と止めてあるようなパーツも見られました。
しかし、基本的にはくっついてないのよね?
布地もバラエティーに富んでいて、バティックのような東洋的な布地の使い方がとっても斬新で、素敵でした。
同じパターンでも、一枚一枚全く違ったパターンに見せてある。
すごい布地を把握しているな〜と感心しまくりでしたよ。
まねはできないけど、見習っていきたいな!
と、おもいました。

ターシャさんはやっぱりお庭が素敵じゃわ!
お洋服もお人形も素晴らしい手仕事でしたよね。
ボストンさんとは違って、素敵だったわ〜。
はりねずみ
2013/02/05 16:17
はりーちゃんこんばんは〜。
ターシャさんもボストン夫人も素敵なキルトだったね。
キルトの前に立ったとき穏やかな優しい気持ちになったよ。
年老いても続いていきたい。できるんじゃね。
がんばろ〜っと。(笑)
サンプラーキルトかわいいね。またみせてね〜(^^)/~~~
uribou
2013/02/05 19:24
 uriりんこんちわ〜
私たちもターシャさんや、ボストンさんのようにお年をとっても、仲良くチクチクしたいもんじゃね〜?
こういうキルトは見る人をなんか幸せにするよね…
サンプらーキルトは現在ばらばら状態にして、修復作業中
今年は頑張ってボストンさんのように見たら幸せ感じるキルトを作るで〜
頑張る!
はりねずみ
2013/02/06 10:33
ターシャさんやボストンさんのキルトのお話聞いて もう年だからと思うのはやめて もう少し頑張ってみようと元気を頂きました。
時々嫌になるのですが・・・はりねずみさんや皆さんの応援を頂いて続けていきます。
今後とも応援よろしくね。
もこ
2013/02/06 13:24
 もこさんコメントどうもありがとうございます
今も今後も応援してるよ〜〜
ターシャさんのもの作りは徹底しているけれど、ボストンさんのキルトはどこかに楽しんでいる!と思わせるものを感じるのよね〜
私はそこがとっても好きなんよね。
私も、目が見えないからもうできない!ってことだけは言わないでおこう…とは思っていたけど、やっぱり、年と共に目は弱くなる。
しかし、今回のボストンさんのキルトを見て、まだまだよ・・って笑われそうで・・・お互いに頑張りましょうね〜〜
はりねずみ
2013/02/06 13:49
こんばんは、はりねずみさん。

ターシャさんもボストン夫人も名前だけ聞いたことがあったけど、どんな人かまったく知りませんでした
今回のキルフェスでいろんな方からお話や画像などを見せて頂いて、俄然興味が出てきました。
近くの図書館では本が置いてないようなので、そのうちにどこかで見る機会があればいいな〜なんて思っています。
80代で最盛期ってすごいですよね〜
まだまだひよっこ(ボストン婦人から見たら)のわたし、楽しみながらチクチクしたいと思います

はりねずみさんのアンティークのサンプラーどんな風に生まれ変わるのか楽しみにしてます。

あ、メッセージ送ってますので、よろしくお願いします。
Chocolate
2013/02/06 18:01
凄い数のコメントやね〜〜さすが人気者のはりーしゃん。

先日はありがとねー
気遣いさせてしまったみたいで気が引ける・・・携帯にメールしたけどみた?
そのお礼でした。
そうそう、先生のブログにハリーしゃんの記事のっていたよぉ〜見た?
落ち着いたらあそびにお出まししてみたら?

ドームで入っていなかった糸がまだ届かないので大作もしつけもする気が
なくなっちゃった・・・
uribouさんのブログがわかったので写真のお礼をコメしてきました。
美味しいコーヒーありがと・・・至福の時間をすごしています。
とみママ
URL
2013/02/07 00:42
 chocolateさんコメントも、メッセージもどうもありがとうございました。
メッセージのお返事は。本日送りますね〜〜〜(簡単でごめんね いつもありがとうございます)

ボストンさんもターシャさんも、人生の大先輩ですね。
その先輩方の生き方は大いに学ぶところがありますね〜
それが私にはすごい魅力です
ターシャさんは絵本作家、お庭の美しさで有名だったんだけど、何もかも手作りしてしまうすごさは徹底しています。
ボストンさんは児童文学作家でありながら、キルト作りにぞっこんで、とっても素敵なキルトをたくさん作って残している。
お二人の本は本当に素敵ですよ。
いつの日か、手に取ってみてくださいね。
はりねずみ
2013/02/07 11:25
 とみママねーちゃんコメントどうもありがとうございます
え〜〜?携帯にメール????はいってにゃいよ。
どこにいったんじゃろ?

ドームでは本当にお世話になりました。
そして、とみママさんのかわいい笑顔が今年も見ることができて、うれしかったです!プレゼントもすごいうれしかったです〜
私はいつも同じものしかお返しできなくて、ごめんね〜。
小物を作る才能もないので許してチョ

え〜?先生のブログに????
それはぜひ!行ってみなくっちゃ!!!
なんだかうれしいにゃん!!!!
教えてくれてどうもありがとうね〜。早速行ってみます!
はりねずみ
2013/02/07 11:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ターシャさんと、ボストンさんのキルト はりねずみのキルト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる