指ぬき

本日パッチ一色のお話し




画像画像




こういう形の状態でキルティングが一番やりやすい


と、感じています



画像




私の場合



いつも同じところに針が行って


穴が開いちゃいます


時にこのシンブルまでも穴が開いて突き刺さり


イタタ!!!

ということもあります


そこで


画像




こういうものを購入して


貼り付けてみました。


左のほうはま~~るくなっていて


上に貼り付けるより中に入れてみましたが…・


指に針は突き刺さないんだけど、


皮を突き破って針と皮がうまく離れずこれはいけん・・・・


使い物になりません


これは左手の受ける側か…・やっぱり。


じゃけど、私はこの受ける側も使いこなせん。


右のシンブルを新しいシンブルの上に貼り付けて


画像



使うと・・・・・


これがいい!


それにこの皮の指ぬき(最初の物よりこちら)が私には一番ぴったり来ていい




人は針が当たる位置がそれぞれ違うから


自分の当たる位置に貼り付けちゃえば出来上がり!


皆さんやっているかもしれないけど…・


な~~ンだ、今頃知ったの?


という人もいるかもね?


じゃけど、知らん人はこれ、私からお勧めです。





何事も、


自分流に、自分が一番使いやすい形を見つける…ってことが


楽しい作業の


第一歩






画像





春のビオラがそろそろ終わりです



最後まで


君かわいいね……


って飾ってあげよう








何か質問や違ったご意見あれば書いてくださいませ。


































この記事へのコメント

はーにゃ
2012年05月10日 13:39
お!珍しく一番じゃん。^m^

でたね、はりねずみさんのキルト講座。
例のシールシンブルを革シンブルに貼るのね、そりゃいいわ!
正直に指に貼ったらやりづらかったけど、シンブルに貼るならいいかも。
やってみますね~。
ためになるブログじゃねえ~。感心しちゃう。

私、またキルトトップを落札したよん。
にゃんだか、縫い合わせがアバウトだけど、可愛い生地がいっぱいです。
いつか、、、仕上げるわ。
はりねずみ
2012年05月10日 14:55
 はーにゃさんこんにちは
一番どうもありがとうね。
お役にたてたのははーにゃさんおかげかにゃ?
だって、これを送ってくれたのははーにゃさんじゃもんね。(笑)
よかった、知らん人がおって。
みんなしっとるかな?なんて思いながらUP!
肝心なはーにゃさんの役に立てたか~?それはおもしろい・・・

またまたキルトトップを~~?????
負けちゃおれんな。
頑張れ私状態で私も負けずと買おうかにゃ?
なんちゃって~みせて!みせて!
一人にやにやしながらきっと仕上げてね。
応援しとるケーね。
2012年05月10日 16:19
こんにちは!
私もこんな使い方思いつきませんでした!!
この貼るタイプは指に直接貼るだけのもの、って思っていました。
しかも指からはがすと小さくてしまいそこなって、仕方なく新しいのを買って・・・、すると思いがけないところから出てきて・・を繰り返し同じものをいくつも持っている始末。
同じところに穴のあいた指貫もいくつもあるから全部貼って復活させちゃお~♪

はりねずみさん、いつもすごいお役立ち情報をありがとうございます!!
活用させていただきます!

ちなみに、私もはりねずみさんの指貫とと同じ場所に穴があきます・・・。
2012年05月10日 16:45
どんな物も使い方次第で、便利にも不便にもなるんですね
使い慣れた物を大事に最後まで使い切るって
やっぱりいいなぁと思います^^v

それにしても、↓のブログはもうお盆休み!?
にゃんずのように寝て過ごすのはいつの日でしょうね~^m^
はりねずみ
2012年05月10日 17:10
 みんとさんこんにちは
おや?
役に立った????
うれしいわ~~、ここにも一人!
私はふたっつを大事に…大事になくさないように、使ってます。(笑)
けっこうお値段がするものね?
今までなんで気が付かんかったんじゃろ・・・・?
私以外の人はみんなやってるのかも?と思った(笑)
皮の穴あき指ぬきは山ほどあるんじゃけど、どれもこれも使い物にならん。
でも、この方法で行ったら・・・きっと、ずっと使えそう…(笑)

みんとさんもうキルティングになったかな?
木の実はくっついたのかな~?

はりねずみ
2012年05月10日 17:13
 きよらさんこんにちは
私たちキルターには指ぬきは必需品!
祖の指ぬきをこの調子で活用していくと…買い替える必要もない。(笑)
一石二鳥とはこのことじゃ~~

長く休めるのはお正月とGWとお盆くらい。
好きなところにお出かけしたり、チャタやんのようにぼーーーっと寝て過ごすのもいいかも。
でも、絶対寝んと思うわ…・あはは
tamasa
2012年05月10日 18:55
はりーさん、こんにちは

指抜き!!こう使うんですね
以前も指抜きの話したとき、
はりーさんのやり方聞いてたんだけど
私、このコインを直接指に貼りつけるんだって
思い込んでました・・・
すごい思い込みだなぁ・・・

この間、作家さんが
一枚作品が出来上がると指抜きはボロボロになってるって
言ってました
その通り、私の指抜きも
はりーさんと同じところがぼろぼろになって
だめになっちゃいます
それだけ 作った証なのかな??

ところで お葉書、ありがとうございました
心遣いに感謝です
コレットちゃん、がんばってね~!!
はりねずみ
2012年05月10日 19:17
 tamaちゃんこんにちは
シンブルの使い方はこれが本当じゃなくって、指に直接貼り付けるのが本当だと思うよ…(笑)
でもね、この指ぬきに貼り付けて使うほうがやりやすいことに気が付いた。
でもね、中にメタルが入ってるシンブルは駄目。
大きなサイズ過ぎて、糸が引っ掛かるからね。
中に貼り付けたほうがいい。
でも、この指に貼り付けて使う外国製はこうやって指ぬきに貼り付けるほうが私にはやりやすいんよ。
いろいろいろんなことを試してみるの好きだからね~
ちょっと、やってみんちゃい。
そしたら指ぬき買い換えなくっていいから…・あはは

せっかく送ってもらったコレットちゃん
まったっちゃんになってるよ~。
たまってる…・ひゃ~~ぁ
2012年05月11日 08:29
色々と試行錯誤して自分にあわせることって素晴らしい事だと思います。
益々効率アップでキルティングが進みますね。
ファイティン‼
はりねずみ
2012年05月11日 13:47
 nonちゃんこんにちは~
あーでもない、こーでもない…何個指ぬきぼろぼろにしたり、使いにくかったり…でも、当分この状態でやってみます。(笑)
nonちゃんもやってみんちゃい
もうすぐキルティングよね?
2012年05月11日 21:06
指貫に穴が開くほど沢山沢山キルトしとるんじゃねー。
私は少ししかしないから右の中指にかねの丸い輪っかになったのをはめて左は親に貰った皮製(素手)をお蔭様で左の人差し指は針穴だらけ・・・。
はりねずみ
2012年05月11日 21:26
 もこさんこんにちは
私も左の指はぼろぼろな上に指先はかた~~くなってる
何回挑戦してもこっちの指にはシンブルができんのよ
数え切れないくらい指貫はだめになってるけど、この方法で当分買い換えなくてすみそうです~
とみママ
2012年05月12日 10:19
はりねずみしゃん

こんばんはぁ~(今こちらは夜です)

指ぬき…確かに!穴が開きます・・・それも同じところだよね
飛び上るほど痛い。。。

キルティング進んでいるようですね。締め切りまでに間に合いますか?

こちらでは連日キルトショップめぐりやらアンティークショップにも
お出かけしてエンジョイしています。昨日までは雨模様でしたが
今日は晴天でみどりがきれいで気持ち良いです。明日は違う州へ
お出かけしてきます。お土産話を楽しみにしていてね。

ではあと10日ほど遊んで帰ります。
はりねずみ
2012年05月12日 13:18
 とみママさんこんにちは~
今は楽しいボストンかいね?
いいな~。
一日中わー、きゃーすごーい!っ素敵の連発なんじゃないの?
お天気回復よかったですね。
お土産はお土産話!まってますよ
後、1〇日もあるの~?
そりゃ、日本に帰るのが嫌になるかもよ…・
でも、目いっぱい遊んで帰ってね。
とみママさんがめいっぱいルンルン遊んでるけど、私は黙々とチクチクするよ~~間に合わすぞ!!!
sorae
2016年09月13日 18:44
こんにちわ。講座受講中でございます。
キルティングたのしくってたまりません。ただ、最初の頃の針目がなんだこれは見たいで、やり直したい気分です。気に入らなければほどいたほうがいいのでしょうか?はりー先生のサマーキルトを知らなければ、パッチワークはやらなかったかもしれません。ソックニッターになるんだって編み物してましたから。キルト綿が薄いので、針がサクサクと上に上がってくるので、上手にになったような気分です。革のシンブルってすぐ穴が開きますよね。でも使いやすい。この貼り付けやってみます。チク・・チク・・チク・・こんな感じでめちゃくちゃ遅いけど頑張ります。教えてくださいメールを入れたらよろしくお願いします。
はりねずみ
2016年09月14日 11:06
 soraeさんこちらにもコメントありがとうございます
キルティングスタートして、面白くてたまらない!
って感じよく伝わってきます。
最初確かに、へたっぴですよね~
私もそうでした。どうしてきれいな針目にならないんだろう?って・・・
あのころはそれが気になって、ほどこうか?と思ったことも何度かあります。
しかし、今になったら、そんなことは全く関係なく、何度も水をくぐっていくうちに何でもないことなんだ・・・と思っています。
それより、初めての頃の一生懸命の自分が見えて、面白いものです。
私はアンティークキルトもたくさん手掛けてきましたが、うまいとか、下手とかいうのは、コンテストに出すわけでもなく、使うことに全く問題なく、むしろ個性があってよいのではないか?と思うようにもなりました。
このキルトを作っている時間を楽しい。と感じることが一番大事なんではないでしょうか?
今のまま続けてみて、どうしても気になるようならやり直してみたらどうでしょうか?それくらいの当たり前のことしか言えませーん。ごめんなさい。