私のキルティング論

画像画像



以前このキルトを作ったとき、

本当にキルティングデザインでキルトはどうにでも変わるんだ…

ということを自己流にでも勉強した。



画像



普通、縫ってあるところを囲むだけではなくて、

いろんな線によって表現することができる。



画像



このアヒルさんの部分には自由にキルティングラインを描いて刺してみた。



画像


いいかげんだけど、とっても好きだった。



画像



これは今回も私のキルトラインの中に入っている。

いつも行き当たりばったりなもんだから、

もとになるものなんてないし、もとのデザインもない。



画像




いつも代わり映えのしない私のデザイン

だけど、これが好きなんだもん!

いいのだ。

だって自分のキルトなんだから (お、開き直ったな?)




画像



ここにはいつものように大好きな葉っぱが…

草抜きではいつも悩まされるけど、

立派なデザインになっとるじゃ。




画像



今からこの上の部分はたくさんの星が流れるようにキルティングを入れていく予定





画像



人生は夜空にある星の数ほどたくさんの可能性に満ちているんだよ…・



って書いてあるんだよ (たぶん)


○○論って偉そうなこと書いたけど、

結局は自分のために 自分の好きなように キルトを作るってことかな?


うまく言えないけど、キルティングラインもその一つだってこと


自分の好きな形を見つけることの一つかな?


画像



そして・・・・

悩んだ時は壁に貼って遠くから見てみる。

手元で見るのと、目線をあげてみるのじゃ、ずいぶん違う。

そこで、じーーーっと見て悩む。

あーなったら、こうして・・・

もちろん、色合わせやデザインのときも、


手元で見るのと、遠くで見るのはちがうんよ。




だから、

画像



もみじに手を挙げた方・・・

自分のもみじを作ってくださいね。

そのうちプリント届きます。


  PS.まだ作りたい人いたらどうぞお知らせくださいね。

     タダのプリントですが・・・・(笑)



本日、自己流のくせに、えらそうなこと書いたからコメントお休みです。




またよろしくね~~~。


画像