帰ってきた1718年のキルト

画像







去年の キルトウィーク横浜 に 応募して、何とか 入選で、



横浜、福岡、大阪、と いろんな方に 見てもらって、



やっと、私のもとに 帰ってきました。



このキルトを 作り始めたのは 2006年



イギリスの本を Amazonで 買ったのが きっかけです。



開いたとたんに 私の目に飛び込んできた



この 一枚 の ページ !








画像







このキルトは 私が作る! と 誓ったのです。





画像






中央は こんなにかわいい。



この キルトのデザインが 1718年に されたなんて 信じられない !






画像






ルートで 計算しないと できない パターン、




わけのわからない デザインを どうするか ・・・







画像






製作期間いろんなことがありました。



今は いなくなってしまった 



寝たきり の 父の 枕元で 出来上がった



キルトトップに アイロンを かけたことが 思い出されます。



毎朝 目覚めるのが 楽しかったこと。



このキルト の おかげです。



応募して 落選しても 自分なりの 作品ができたことのほうが 重要 な こと。





画像






このキルトの おかげで、 違う作品は タヒチに 行くことができました。



そのうえ、 イギリスのキルターズギルド の 



会員の 申し込みまで してしまった私です。




今は 英語も できないくせに 無謀なことをした ・・・



と 反省していますが、 もうやっちゃったものは 仕方がない !



キルト制作期間中 の 充実した 時間、  



作れるということだけで わくわくした 幸せな時間、



それ以上を 望むのは 贅沢なんじゃないだろうか ・・・



このときのノートに、




「 コンテストに 入選するための キルトを 作るんじゃなくて、



自分の 創りたいキルトを 創ることが 大事。



私に こんな 素敵なキルトを 創る力を 与えてくれたことに



心から 神様 に 感謝 」





と かいてあった



今も こんな気持ちになれる キルトに 出会いたいと 思っている。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 小夜子

    こんにちは。
    これが1700年代のキルトだということにまず驚きました。
    そしてキルトを通じての幸せな時間というのが伝わってきますよ。
    はりねずみさんのキルトは世界中を回っているんですね。すごいとしか・・・
    一つ一つの作品にもそのときの気持ちや作成当時の生活など、思い出深いものになるのですね。
    イギリスの会員ですかあ?
    ますますのご活躍をお祈りしています。
    ところではりねずみのお土産可愛いですね。
    2009年04月13日 14:07
  • はーと

    こんばんは 

    もうここまで来るとキルトの達人ですぅ。
    極めています。
    2年がかりで 作ったキルト 曲線有りで 難しさも並大抵ではないですね。
    キルトの中にいろんな思い出も詰まっていて 胸きゅんになりました。

    2009年04月13日 20:49
  • sisi

    楽しい気分の表現のあるキルトですね。
    2009年04月13日 23:21
  • はーにゃ

    おはようございます。

    すごいとしか言いようがありません。
    はりねずみさん、ほんとにキルトが大好きなんですね。そして、最後まで作り上げる。素晴らしいです。
    アップリケあり、刺繍あり、トータルなお仕事です。尊敬
    『は』三姉妹として、感無量ですぅ。
    2009年04月14日 08:14
  • はりねずみ

    小夜子さんへ

    大きなキルトは私の場合どおしても一年~二年はかかってしまいます。
    だからその間いろんなことが起きる時期になっていたらキルトを見るたびに思い出すんですよ~
    そんなことないですか?

    みんなキルトはまずアメリカでしょ?
    というんですが、私もそうだったんですが、イギリスのヨークのキルターズギルドにあこがれています。試験はないんだから誰でもなれます。
    でも、今ちょっと後悔・・かも。
    英語を勉強しないと訳したり書いたり・・・
    めちゃくちゃな英語で送ってます。
    現在、まだ申し込み中。です。
    どんなことになるか、乞うご期待です、
    2009年04月14日 09:39
  • 風華

    (。・ω・)ノ゙ こんにちは♪
    はりねずみさんお見事!!
    こうしてみてると私の作るキルトなんて、見ていただく価値ないなぁ~って恥ずかしくなっています。
    出来上がりを見て、そこから型紙を起してパターンを作り上げるんて素晴らしいことだと・・・。
    素晴らしい作品拝見させていただきありがとうございましたぁ~。
    2009年04月14日 09:47
  • はりねずみ

    はーとさんへ

    達人ですか?そんなことはないですよー
    ただ一つのことを好きで続けているだけです。
    仕事でもないし、講師の免許を持ってるわけでもない、ましてや教室もほとんど行ってないし。「キルトばか一代」って感じでしょうか?
    お花を育ててもそうですよね・・・
    花が咲く頃思い出がふっとよみがえるときってありますよね・・・(う~ん詩人だわ)
    2009年04月14日 09:47
  • はりねずみ

    sisiさんはじめましてこんにちは

    「楽しい気分」まさにそのとおりです。
    福岡ヤフードームの展示で私のキルトの前で、「この人作るとき楽しんでつくってるなー」と言ってる人の声を聞いて、「わかってる」と思いました。sisiさんと同じ。
    またみてくださいね。
    2009年04月14日 09:55
  • はりねずみ

    はーにゃさんへ

    おひさしぶり・・・っていうのも変かな?
    毎日のようにHP開いても新しくなってなかったら「どうしたんだろ?」と思うのは姉妹だから?
    「は」姉妹として恥ずかしくない仕事していきたい!と強く感じるはりねずみであります!
    ほんと好きだけの気持ちしかないんですが・・
    2009年04月14日 10:01
  • はりねずみ

    風華さんへ

    風華さんまちがってるよ~
    価値というのは自分が決めることで、人に決めてもらうことじゃないんですよ。コンテストでトップになったキルトが見る人に価値があるかというとそうじゃなくて、好きか嫌いか、何度も見たいか・・・とかそんなことだと思いますよ。
    私もかつて価値の勘違いをしてました。
    はずかしいなんて、思わないでね。私のこのキルトもある人から見たら価値もなくて、落選のはんこをもらったんですから。
    価値のありすぎるものや、頑張りすぎてるって感じるものって、見てると疲れるのは私だけかな?
    そんなこといわずにまたのぞいてくださいね。
    よろしく!
    2009年04月14日 10:17
  • ちゃきmama

    こんにちわ♪
    さっそくお邪魔します
    キルトすごいですね~!
    わたしには到底出来ない作業なので、こんな立派なキルトを作るなんて驚きです。
    いろいろコンテストに出されてるみたいで、これからもステキなキルト作りがんばってください♪
    2009年04月14日 16:12
  • はりねずみ

    ちゃきmamaさんへ

    さっそくコメントありがとうございます。
    キルトもですがグリーンも大好きなのでミニキルトとかにはとか、とかを観察してパッチしています。
    こりずに時々のぞいてくださいね。
    これからもよろしくおねがいします。
    私も出没します。
    2009年04月14日 17:39
  • もみまん娘

    今日は いい天気{%晴れwebry%

    「手紙~親愛なるこどもたちへ」という歌を知ってる?私も友達に教えてもらったんだけど・・・
    老親を抱えている身には ぐっとくる歌詞でした。やさしい気持ちになりました。
    検索してみてー
    2009年04月15日 14:25
  • はりねずみ

    もみいちゃんへ

    了解だ~
    検索してみるけど、今度本物教えて。
    決してもみいちゃんに歌えとはいってないけど。
    2009年04月15日 16:27
  • ママコング

    1718年からの贈り物ですね(#^.^#)
    キルトに惚れて、ほれての制作・・・
    感動ですね♪
    私のコンテストのチャレンジの目的は自分のスキルアップです。ですから、毎年私が手掛けた事の無い手法に勇気を持って?挑んでいます(*^_^*)
    作品の価値は人さまざま。評価はおまけです。
    元気なうちにあと何枚出来るかな~~~~?
    ちなみに私の作品ははりねずみさんの入選した年の
    p15に載っている赤い作品ですよ。(#^.^#)
    2009年04月15日 21:32
  • ゆんこ

    はりねずみお姉さま、なんて言ったらいいのか、言葉がみつかりません!すばらしいです!そしてこのキルトを作られていたときのお父様のこと、ノートの言葉、いろいろな思いがぎゅっと詰まったキルトなんですね。毎日「今日もやるぞ!」と楽しみながら針を進めていったの、伝わってきます。
    ケニアに住んでいたとき、イギリス人が中心のキルトギルドに入っていました。(なんで私が?とは聞かないでください)みなさん、本当にキルトが好きで、楽しんでいましたね。
    2009年04月15日 23:26
  • はりねずみ

    ママコングさんへ

    やっとHPに載せることができました。
    ママコングさん「スキルアップ」っていうのがすご~い
    私も作品を誰かに見てもらえるというのはとてもうれしいことだと思います。特に私のように教室もついている先生もなかったらコンテストに応募するしか見てもらえる方法がないんですよね~
    私その本持ってないんですよー
    入選にはいただけませんでした。
    ママコングさんのキルトは奨励賞だったんですよね!もう次の作品も取り掛かってるのかしら?
    2009年04月16日 13:52
  • はりねずみ

    ゆんこさんへ

    キルトギルド?すご~い!
    私も今イギリスのキルターズギルドという会に入りたくて(はいったところで何の特典もこの日本じゃないと思うけど)英語が読めなくて、四苦八苦!
    この上仕事増やすようで・・・勢いって怖い。
    好きっていうことでここまでやるか?っていう感じです。せめてゆんこさんのように英語が堪能であれば・・・と思うばかりです。
    今は入会金支払いのクレジットの数字で四苦八苦しています。ほんと!助けて~状態です。
    2009年04月16日 14:00
  • はりねずみ

    海っ子さんへ

    気持ち玉ありがとうございました。
    これからも時々のぞいてくださいね。
    2009年04月18日 13:50