ダブルウェディングリング キルト

2001年12月製作
これより前に作ったダブルウェディング。
大きなサイズで仕上げた後に
どういう計算をしたのか縫い合わせたパーツが余った・・・
もったいないけど布を買ってまで・・・
と考えて持ってる布地で作ることにしました。
そのころ気に入ってた斉藤先生のバスケット。
アップリケして、全体的にクロスステッチをかけてます。
あまりもののわりには手をかけてまったく違った「ウェディングバスケット」が出来上がりました。
150センチx140センチ手ごろなサイズです。
ついつい買ってしまう有り余る布地。
少しでも減らそう!
と思いついたことだけどちっとも減らないのは
今までぎゅ~ぎゅ~に入ってたから?
どんなに小さな布地でもすきだったら取ってある。
ミニキルトのときに役に立つかも・・・とかいいながら。
私はいつもハムスターのように
ぐちゃぐちゃの端切れの中から
「ここにあったはず!」と一枚のきれっぱしを見つけようとかき回している。

 
画像


画像


画像

この記事へのコメント

はーにゃ
2009年03月10日 21:55
ダブルウェディングも、色遣いでこんなに雰囲気が変わるんですね~。
とても素敵です。そして、本格的ですね。
パーツが余っても、こんなふうに別のキルトを生み出すのは、これこそパッチワークだと思います。
バスケットもいろいろで、可愛いですね!
クロスステッチも根気が要ります。
どのくらいの期間で作られたのかしら。
もっともっと、全部見せて下しゃいね!
ママコング
2009年03月10日 23:41
こんにちは!!

今までに見たことのないダブルウエディングですね。楽しそうで。私も作ってみたくなりましたよ。
はりねずみ
2009年03月11日 13:32
はーにゃさんありがとうございます。
期間は覚えてません・・・
このキルトの前の大きなダブルウェディングがなんと!出来上がるまでに4年かかった。とノートに書いてあったので、まあ根気はあるんですね。
上手にできるのはクロスステッチだけなんです。
トホホ・・・
パソコン作業が慣れるまで毎日練習のつもりでキルト載せますね。
飽きずにみてくださいね。よろしく
はりねずみ
2009年03月11日 13:39
ママコングさんこんにちは。
私のキルトも見てくださってありがとうございます。
制作期間は自由に作れるのでとっても楽しかった覚えはあります。
残り物って感覚があったからなのかしら?
練習のためどんどんUPしたいと思います。
またみてくださいね。

この記事へのトラックバック