はりねずみのキルト

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦争と本

<<   作成日時 : 2017/08/07 14:33   >>

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 8




画像





昨日8月6日 は 広島の原爆の日 72年目の一日でした




このブログを始めて、 大体、毎年 同じようなことを 書いています




今年、



おとなり を 掃除していて 見つけました



義母 が 昭和40年に 買ったのだと 思います






画像







原爆の記録 の 本 見つけました




体験記 です




この本の方達は 今では きっと こちらの世界の方ではない




少しづつ 読んでいます




怖いです




涙が出ます




今年に入って そんな 今まで 封印していたような




自分にとっては怖い本を 何冊か読んでみました




ベラルーシの女性作家 ノーベル文学賞 の スベトラーナ・アレクシェーヴィッチ




まず、始めに読んだのは 「 チェルノブイリの祈り 」 でした




画像








その後、子供の目から見た戦争体験の



「 ボタン穴から見た戦争 」 すごい衝撃でした



次は 戦争に志願して 戦った 女性たちの本





画像






「 戦争は女の顔をしていない 」




どの本も、私たち、戦争を体験していない者にとって



戦争とは 恐ろしく、人間の残酷さを感じさせる



どの本も 読んでいて ドキドキする



しかし、私は今 学ばなければいけない 時期なのだと 感じる



そんな 体験をした人は (原爆もそうだけど)



つらい 経験を口にしない




こういった スベトラーナ のような人が いなかったら、




戦争も、チェルノブイリも、 表面だけで 本当のことはわからない





画像






( 孫ッチが 用意してくれた お昼ご飯 笑 )





私は とってもいい時代に 生まれたと思う。



こんな悲惨な体験もなく、 物は今のように裕福でない時代に生まれたからこそ



今の私たちがある。



今 生まれた子供たちは いい時代よね〜



と いう人もいるけど、 私はそうは 思わない



今からの子供は 私たちより、もっと、大変



だって、今から、この 平和な世の中を
 


どうやって 守っていかなきゃいけないのか ・・・



それは とっても 大変です。



一番大事なことは 平和 と いう事、



いつもと同じ日常が、 今日も 明日も 明後日も 続くってこと ・・・・



そんな本をぼちぼち 読みながら、




私の人生の上で、 もう一つ読まなきゃいけない課題がある



それは ヴィクトール・E フランクル の「夜と霧」



ずっと、手に取っては 読むことができなかった



中学校の時 「 アンネの日記 」 を 読んで以来



いろんな映画も 見てきたけれど、



この本だけはとても怖くて まだ読んでいない



私の残された人生のうちで 克服すべき本は 今のところ



この 本 かな ・・・



戦争体験は かつて、 こんなに 残酷なことがあった と 知る反面



戦争に負けない 人たちもいた と 知ることもできる



どんな状況においても 選ぶのは 自分 なのだということ



そして




画像






こんな 悲惨な原爆を 落とされても、




アメリカという国を 許し、 受け入れている ヒロシマの被爆者



許す と いうことは 世界に平和をもたらす 第一歩 だと 思う



国のえらい方に、ヒロシマ、ナガサキ の 願いが届きますように






画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
広島、長崎の原爆被害永遠に忘れてはならないことですね。
私たちが今平和の中で暮らしていけることが当たり前と思っているけれど本当はこの平和が何時壊れてもおかしくない世の中になってきているのを忘れないで世界中が平和で暮らして行ける世の中にしなくてはならないのですね。
もう年取っているからではなく何か一つでも出来ることはないのかそういう気持ちを持って日々暮らしていかなくては でもそれは大変なことです。
もこ
2017/08/07 20:34
広島や長崎に生まれた方々だけでなく、
必ず「あの戦争」、「原爆」を思い出し、語る夏ですね。
その胸がつぶれるような痛みの相手を責めないで、
許すとまでおっしゃるとは、、感銘を受けます。

戦争とは、「すべてを破壊するもの」
平和とは、「戦争と戦争の間の準備期間」 で、良いのか?
リアルを学んで、自分の意見が持てると良いですよね。

全国の皆さん、台風は大丈夫でしたか?
収穫真っ盛りの梨や葡萄農家さんの被害はどうですか?
時期やルートの悪い上陸で、
一年間の労力が無駄になりかねない、長くて辛い一晩でしたね。
早朝から、後始末に追われていることでしょう。
私も農家に育ち、台風で全滅した経験があります。
落果でも良いから、購入チャンスを下さい。
応援させて下さい。そして、ご自愛して下さい。
まこばあば
2017/08/08 07:39
 もこさんコメントどうもありがとうございます!
今日も、明日も、明後日も、昨日と同じ平穏な日々がやってきますように・・
そう願わないと、叶わないのではないかな?
そんな世界情勢ですよね〜
お隣の北朝鮮はなーんか、ジャイアンみたいに打つど!と脅すしね〜
今までのほほんと、平和ボケと言われていた日本人。
しかし、私、それって悪くないんじゃないか?と思ってます。
自衛隊も、海外に打てない武器を持っていくころからなんか、いよいよ曇り空になってきたような気もします。
日本はそんなことしてる場合じゃなくて、災害に備えなければいけないよね。
問題山積みなのに、自分の政党しか考えない政治家・・・
ここよね。問題は・・・自分たちが戦ってる。
私たち、庶民ができることは自分の周りの人と仲良く笑顔で暮らすことかな〜
小さなことだけど、それが平和につながるよね。
はりねずみ
2017/08/08 11:05
 まこばあばさんコメントどうもありがとうございます〜
去年広島に始めてやってきたオバマ前大統領の訪問に喜ぶ広島県人。
これこそが、私は許してることだと思うんですよね。
ここから、核廃絶への道の光が見えたような気がした。
なのに、日本の首相があれでは・・・がっくり来ます。
オバマさんと一緒の時と、今では全く違う阿部首相。
岸田さんも広島を背負っているのに、今度の選挙では落としてやろう〜
そーんな声まで聞こえてきます。
国の一番偉い方の考えと、国の一部の被害を受けた人たちの意見は全く違います。
日本はどこに行くんでしょうか?
どこに向かって行きたいんでしょうか?

今回の台風被害、今の時期、一番木の実のなる大事な時期
被害がないといいですね。
自然災害は仕方がない・・・とはいえ、やっぱり、豊作の方がいい。
傷がついて価格が下がらない方がいい。
それより、北海道のメロン農家の被害の方が許せんね。
サイテーーーーな人もいるものでござるね。
はりねずみ
2017/08/08 11:19
8月になると、テレビでも原爆や戦争に関する話題が多くなるね。被爆者も高齢となり、被爆体験を語り継ぐ人がいない。被爆二世の方の中には親の被爆体験を語る方もいらっしゃると聞きます。私も語り継がないといけない1人なのかもしれないと思うんだけど、母からはほとんど聞いた事がないんよね。正確に聞いたのは1回だと思う。
毎年弟が連絡してくるけど、アメリカではほとんど原爆の報道はなされず、真珠湾攻撃の記念日は報道するらしい。相手から”やられた”という認識なんじゃろうか。
でも、世界で初めての爆弾でたった一発の爆弾で何十万人が亡くなったんじゃもんね。しかも何の罪もない市民が。
今は誰もアメリカを恨んだりしてない。私達でさえこうやってアメリカンパッチワークをやってるんじゃもんね。戦争とは本当に愚かなことじゃと思うね。
さっきも11時2分黙とうしました。
日本の中にも、今日が何の日か知らない人もおるじゃろうね。過去の戦争の事、たくさんの尊い命の犠牲の上に今の平和な世の中があるという事、もっともっと知っていかんといけんと思う。
ベル子
2017/08/09 11:14
 ベル子ちゃんコメントどうもありがとうね〜
ヒロシマは世界中の人たちが知ってくれている都市だよね。
世界中の人は忘れずにいてくれてるというのがいいことだよね。
アメリカでは真珠湾攻撃の記念日・・・?そうなん?
日本の原爆の日も同じように、「やられた日」って考えてるのかも・・・と思うんじゃろうか?
しかし、仕掛けていったのは日本なんじゃもんね。
大陸やアジアの国を制圧していったのも、日本なんじゃもんね。
義父は大陸にいっていたと一度、私に話してくれたことがあるんよ。
でも、口から出るのは中国はすごい広くてきれいなんじゃ・・・と
確かに、私たち、若いころからあこがれはパリと、アメリカじゃったもんね〜
被爆者の口からも、アメリカをうらんどる、とかいうことは聞いたことがないよね。ただ、もう絶対あってはいけないこと!と教えられてきたもんね。
今の子供たちはそれが当たり前の上に育っているから、教育の仕方を考えて、平和とは何なんだ!と教えていかんといけんね。
今からの子供たちはこの恐怖の隣国の犠牲にならんように、しっかりした人格の人になってほしいね。
そう思うと、私たちはいい時代に育ったね。
それもこれも、みんなあの戦争が教えてくれたことなんよね。
ベルちゃんも、今のベルちゃんなら、お母さんにいっぱい聞くことができたのにね。そういえばお母さんのお友達の私とのご縁をくださった佐古さんは今年亡くなられたんよ。知ってたかな?
そうやって、どんどんあちらの世界に帰られるんだね。
私たちなりに、子供に伝えていこうね。
はりねずみ
2017/08/09 13:23
ベル子 再び登場。
えッぇ〜〜〜〜!そうなん!
佐古さん亡くなられたん?全然知らんかったわ・・・
そうなんじゃ、でも今年で86歳じゃもんね。
もう一度お目にかかりたかったけどね。
教えてくれてありがとう。
ベル子
2017/08/09 14:12
 ベルちゃん再びこんにちは〜
そうなんよ。うちの母と同級生だからね・・・86歳だね
うちに初めて電話してきてその後、お会いしたのかな?
うちからちょっとのところに住んでおいでだったのにね。
新聞にも出たのよ。
はりねずみ
2017/08/09 17:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
戦争と本 はりねずみのキルト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる